M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (134)アメリカ大陸横断B ルート66「旧国道66号線」(アリゾナ州)<付録>歌詞とメロディー

<<   作成日時 : 2011/08/04 10:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007年4月9日、フーバーダムを遠望した後、予定の道路が通れないので迂回し、ブルヘッド・シティに来ました(下写真)。
画像
ここには、フーバーダムから流れ出る水量豊かなコロラド川(下写真)が流れ、川岸にはホテルやカジノがありました。
画像
その後、国道40号線を東に走りました(下写真)。
画像

国道44号線沿いのキングマンの町(下写真)にて、ブッフェの昼食をとりました。この町は巻末に掲載しました「ルート66」の歌に登場する町です。
画像
昼食の後は、「ルート66」(旧国道66号線)を目指しました。やがて下のような「40号線から右矢印で、TO 66 Seligman(66号線 セリグマンへ)」の標識が見えました。
画像
さらに行くと、「左矢印で Seligman Historic District(セリグマン歴史地区)」の標識とともに、古い昔の「国道66号線」の標識も並んでいます。
画像
ここで、これまで走っていた国道40号線(下写真)を跨いでセリグマン方面へ分岐しました。
画像

やがて、セリグマンの町(下写真)が見えてきました。
画像
「ルート66」とは国道66号線のことで、1926年に造られた全長3,755kmの国道です。シカゴとロサンジェルスを結んでいました(下図クリックすると大きくなります)。アメリカ南西部の発展に役立った重要な国道でしたが、1985年に高速道路の発達によりその役目を終え、廃線となりました。廃線後は分断され、州道、市町村道などになりましたが、保存されている部分も数多くあります。これから見に行くのはその保存された一部で、下図の青い下線を付けたSELIGMANです。
画像
1946年、ジャズピアニストで作曲家のボビー・トゥループは、自ら国道66号線を走ってカリフォルニアへ赴き、『ルート66』という楽曲を書き上げました。ナット・キング・コールの歌唱によって大ヒットして以来、ジャズ・スタンダードとして今も歌い継がれています。
画像
セリグマンの町に到着しました。下の写真は怪しげな雰囲気の店構えですが、れっきとした「ルート66」の関連商品を売っている店です。この店で「ルート66」の道路標識の入った帽子や、T−シャツを買いました。
画像

買い物を終わって、この店の外で下の写真を撮りました。撮った時刻は「日本時間2007/4/10 6:08」でした。この日は私の66歳の誕生日で、奇しくも私は「66歳の誕生日に、ルート66に立ちました。」
画像

その後、バスは保存されている「ルート66」(旧国道66号線)を走りました。一行のメンバーは交替でバスの助手席に座り、記念写真を撮りました。原野の中を片側一車線の道路が走っています。たくさんの亀裂が補修され模様のようになっています。
画像

画像

運転席の後ろからも撮りました。原野の中をひたすら走っています。
画像



(補足)
参考までに「ルート66」の歌詞を掲載します。



Well if you ever plan to motor west
Just take my way that?s the highway that?s the best
Get your kicks on route 66

Well it winds from chicago to l.a.
More than 2000 miles all the way
Get your kicks on route 66

Well goes from st. louie down to missouri
Oklahoma city looks oh so pretty
You?ll see amarillo and gallup, new mexico
Flagstaff, arizona don?t forget winona
Kingman, barstow, san bernadino

Would you get hip to this kindly tip
And go take that california trip
Get your kicks on route 66
Get your kicks on route 66

和訳はいろいろありますが、下記がわかりやすいと思います。

もし西部の方にドライブ旅行するんなら、
僕はいつもそうするんだけど、ハイ・ウェイを使うのが一番だぜ。
ルート66を使えば、ごきげんな旅になるよ。

それは、シカゴからロサンジェルスまで、曲がりくねっているんだ。
全行程は2000マイル以上。
ルート66を使えば、ごきげんな旅になるよ。

まず、セントルイスをぬけ、ミズリー州ジョプリン。
オクラホマ・シティーはすごくきれいな街だよ。
アマリロを見て、ニュー・メキシコ州ギャラップだろ。
アリゾナ州フラッグスタッフ、そうそう、ウィノナも忘れずに。
キングマン、バーストウに、サンバーナーディノと来る。

カリフォルニアを旅するんだったら、
最近の事情をよく知っていたほうがいいぜ。
ルート66を使えば、旅はごきげんさ。
ルート66を使えば、旅はごきげんさ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ルート66、3755q、アメリカの広大な土地、砂漠や原っぱを果てしなく続く道を走行する時、「エンストしたらどうなるのか?」…などと、心配してみたりするのですが、いかがでしょうか?
はな
2011/08/24 22:08
はなさんへ
旅行中エンストは一度もありませんでした。
アメリカでは、ツアーで走ったのは、沙漠といっても「国道」を走るので、ガソリンステーションや、ワークショップがありました。
アメリカは自動車社会ですから、備えはあり、心配はいらないでしょう。
M YASUDA
2011/08/25 14:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
(134)アメリカ大陸横断B ルート66「旧国道66号線」(アリゾナ州)<付録>歌詞とメロディー M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる