M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (159)リニア中央新幹線・神奈川県説明会

<<   作成日時 : 2011/10/31 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

10月20日(木)、川崎市高津区溝の口の「てくのかわさき」で行われた、中央新幹線の概要と環境影響評価に関する説明会に出席してきましたので、その内容について記します。(下写真は山梨県の実験線を走る車両です)

画像

はじめに
中央新幹線(東京都・大阪市間)については、全国新幹線鉄道整備法の基づき、平成23年5月に、国土交通大臣が、東海旅客鉄道株式会社(以下JR東海とします)を営業主体および建設主体に指名しました。これを踏まえ、JR東海は、まず第一局面として、東京都・名古屋市間について環境影響評価を実施し、その説明会を各地で開催しました。

中央新幹線概要・路線計画
路線計画は下の図(クリックすると大きくなります)の通りです。地図の二本線の幅は3kmで、この間に線路が走ります。

画像

東海道新幹線品川駅付近を起点とし、山梨リニア実験線、甲府市付近、赤石山脈を経て東海道新幹線名古屋駅付近に至る、延長約286kmの区間です。
駅は品川駅、名古屋駅のほか、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県に一駅ずつ設置されます。上地図の○印が駅の予定地で、直径は5kmあり、この中に駅が建設されます。
この線路の上を超電導磁気浮上方式(後述)の列車が時速505kmで走ります。

神奈川県内の路線、施設・設備の概要
神奈川県内の路線予定地は上地図の通りです。
多摩川から相模川に至るルートは神奈川県駅(○印)、多摩丘陵西端部を除き大深度地下トンネルで通過します。(大深度地下トンネルは下図のシールドトンネルで、地下約40m、軟弱な所はさらに深くなります)
相模川から山梨リニア実験線に至るルートは主要河川を橋梁で通過しますが、主に山岳トンネルで通過します。
画像

画像

大深度地下トンネル施工のために、立坑や施工ヤードが必要なため、自然公園、市街化、住宅地化されている地域は回避されます。
画像

画像

神奈川県駅は相模原市内に、既存鉄道に隣接して地下駅が建設されます。
画像

車両基地が相模原市内(上地図の点線の範囲内)に建設されます。
画像

超電導磁気浮上式鉄道の原理
@車両とガイドウエイの構成
ガイドウエイ(新幹線の線路に相当)は下図の通りで、側壁と走行路で構成されます。側壁には推進コイルと浮上案内コイルが付いています。車両には超電導磁石が搭載されます。
画像

A推進の原理
車両の超電導磁石および側壁の推進コイルにはN極とS極が交互に配置されています。これらに電流を流すと、N極とS極の引きあう力と、N極同士・S極同士の反発する力が発生し、車両を推進させます。
画像

B浮上の原理
車両の超電導磁石が高速で通過すると、側壁の浮上案内コイルに電流が流れて磁石となり、車両を押し上げる力と引き上げる力が発生し、車両が浮上します。低速の時はタイヤにより走行します。
画像

C案内の原理
側壁の浮上案内コイルには、車両の中心がどちらかにずれると、車両の遠ざかった側に吸引力、近づいた側に反発力が働き、車両を常に中央に戻します。
画像

説明会での質疑・応答
説明の後、質疑・応答がありましたが、その中で印象に残った点を下記します。
・リニア新幹線の施工はJR東海が自己資金で行う。事業規模は9兆円。平成40年の完成を目指す。
・電力消費は新幹線の3倍程度。
・環境問題については、「環境影響評価法」、「川崎市環境影響評価に関する条例」に基づき、「方法書」が公表され、広く意見を受け付けている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。
いつか新聞の折り込みに案内が入ってましたね。
いらっしゃったのですね。
そうなんですか〜、神奈川県はほとんど地下なのですね。
地下40メートルって深いですね。
騒音問題はないでしょうが、景色は見られないのですね。
莫大な建設費がかかるのですね。
JR東海大丈夫なんでしょうか。
期待もあるけど心配です。
ふるやのもり
2011/11/02 22:23
ふるやのもりさん
リニア新幹線は遠い将来の夢物語と思っていましたが、説明会に出て、現実味を帯びてきていることを知りました。

平成40年はまだ17年先です。もっと伸びるでしょうが、はたして乗ることが出来るでしょうか・・・・
M YASUDA
2011/11/03 11:07
リニアの話がここまで具体的に進んでいるのは私も知りませんでした。素人ながら電磁波なるもののじんたいの影響が気になります。
はな
2011/11/25 10:17
はなさんへ
私は、蒸気機関車の時代に生まれ、新幹線まで発展しました。修学旅行も蒸気機関車の各駅停車で一般客と同じ車両でした。新幹線まで来たのですから、もう充分です。
しかし、生まれた時に新幹線が走っていた世代の人々にとっては、新幹線からリニアはごく当然のことでしょうね。
質疑応答で、「お金を掛けて、東京―大阪間を1時間短縮して、何の意義があるのか?」との質問がありましたが、これは我われ団塊の世代以上の人の質問でした。
M YASUDA
2011/11/26 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
(159)リニア中央新幹線・神奈川県説明会 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる