M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (320)キャンディーズの映像と歌声B 解散宣言「私たち、普通の女の子に戻りたい」

<<   作成日時 : 2014/04/28 23:45   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

人気絶頂となったキャンディーズが、1977年7月17日、日比谷野外音楽堂のコンサートで、突如解散を発表しました。

3人は涙を流しながら、ランちゃんが「私たち、皆さんに、謝らなければならない事があります」、ミキちゃんとスーちゃんが「ごめんなさい」と、それぞれファンに対して謝罪し、「9月末限りで解散する」と発表しました。
その時ランちゃんが泣き叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい」は当時の流行語になりました。

しかし、この発表は事前に所属事務所の正式な了承を得ずに発表したこともあって、事務所の説得と話し合いの末、解散は半年間先送りされることになりました。

画像




それまで、キャンディーズのシングルがオリコン1位を獲得したことが無かったため、ファンをはじめ関係者が解散までには1位を獲得させようとの熱意で「微笑がえし」が作られ、フアンのなみなみならぬ協力により見事1位を獲得しました。キャンデーズの人気は解散宣言によってさらに盛り上がったといえます。
「微笑がえし」
1978/02/25 詞:阿木耀子 曲:穂口雄右
事実上のラストシングル、有終の美を飾りオリコン1位獲得


解散を知った「全国キャンディーズ連盟」の有志が作った「3つのキャンディー」という歌への返歌としてランちゃんが作詞した「つばさ」という歌が出来ました。
「つばさ」
詞:伊藤蘭 曲:渡辺茂樹 シングルは解散後1978/11/21に発売。


1978年4月4日、後楽園球場で空前の5万5千人を集め、歌謡界史上最大のショーと呼ばれたお別れコンサート『ファイナルカーニバル』が行われました。
画像




コンサートの最後に歌われたのは「つばさ」です。歌う前にランちゃんが「やはりこの歌を歌いたい」と言って歌いました。


こうしてキャンディーズは、「本当に私たちは、幸せでした」の言葉を残し、惜しまれながら、本当に惜しまれながら4年半の活動に終止符を打ちました。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(320)キャンディーズの映像と歌声B 解散宣言「私たち、普通の女の子に戻りたい」 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる