M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (366)卒団50周年、古巣「京都大学応援団」を想う

<<   作成日時 : 2014/10/25 11:02   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

私が京都大学に入学したのは1960年、「60年安保闘争」の年でした。卒業は1964年、新幹線が開通し、東京オリンピックが開催された年でした。今年で卒業50周年です。

大学に入学して、秋から「京都大学応援団」に入団し、ブラスバンド部員になりました。京都大学応援団では伝説となっていますが、初代団長「長(おさ)元一郎」氏(2014年3月6日ご逝去)が、1956年6月対東京大学野球戦で、組織的な応援団のある東京大学に対し、京都大学には応援団がないのを見て、急遽守衛室から借りてきた笛を吹きながら、見に来ていた京大生をまとめ応援の指揮をとられたのが始まりです。したがって、私は創部から4年しか経っていない創生期の「京都大学応援団」に入団したわけです。下写真は野球の応援をする当時のブラスバンド部員です。

画像

下写真は1961年、当時の「関西六大学野球リーグ戦」(京都大学、神戸大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学で入れ替えなし)で、京都大学が関西大学に勝って喜びに沸く応援団員の記念撮影です。

画像

私は最近YouTubeで、現在の応援団の数々の映像を発見しました。その映像を見ながら、50年前と現在の応援団を比較して紹介します。下は現在の応援団を紹介し、団員を募集する「2014新歓ムービー」です。(SENSE KYOTOさん 2014/03/20公開)

京都大学応援団2014新歓ムービー

京都大学の学園祭は「11月祭」です。11月祭にあわせその前夜祭を応援団でやろうというアイデアが出て、京都大学の「学生課」の協力を得て実現しました。まったく手作りの前夜祭でした。下写真は、前夜祭会場の西部構内にある西部講堂の屋根に手作りの看板も掲げているところです。

画像

下写真は、前夜祭に先立ち行われた「仮装行列」が会場の「西部構内」を出発する風景です。行列の先頭は私たち応援団のブラスバンドです。

画像


前夜祭のクライマックスは、下写真のファイヤー・ストームです。

画像

前夜祭が終わって、握り飯を頬張る応援団員です。全員、応援団の歴史的な一大仕事終えて満足の表情を浮かべています。写真中央のコートを着た人が、この日駆けつけて下さった応援団創設者で初代団長の長元一郎氏です。

画像

YouTubeで、2013年の京都大学11月祭・第54回前夜祭の応援団の演舞の映像を見つけました。可愛いチェアリーダーの女性がたくさんいて華やかな舞台です。50年前には想像もできなかった光景です。(GYAOTAKAHASHI1970さん 2014/08/21公開)

京都大学応援団 マーチ(2013.京都大学11月祭・第54回前夜祭)


京都大学応援団 アメリカンフットボールマーチ(2013.京都大学11月祭・第54回前夜祭)


「国立七大学戦」は1962年、第一回が北海道大学の音頭取りで始まりました。京都大学応援団は北海道大学の学生寮「恵迪寮」で合宿して応援しました。下写真は札幌駅前で京都大学応援団を出迎てくれた「北海道大学応援団」です。
画像

下は、クラーク先生の胸像の前で撮った京都大学応援団員の写真です。
画像

YouTubeに、GYAOTAKAHASHI1970さんの「2013.08.10.第52回七大戦演舞会」の鮮明で楽しい映像がありましたので、お借りして紹介します。下は京都大学のブラ・チアステージです。その下は七大学合同の豪華なブラ・チェアステージです。

京都大学応援団 ブラ・チアステージ「世界でいちばん暑い夏」 (2013.08.10.第52回七大戦演舞会)

七大学応援部・応援団 合同ブラ・チアステージ (2013.08.10.第52回七大戦演舞会)

次は「演舞」です。リーダー、ブラスバンド、チェアリーダーが、一緒になって楽しい迫力のある舞台を作っています。

京都大学応援団 演舞 マーチ前半 (2013.08.10.第52回七大戦演舞会)

京都大学応援団 演舞 マーチ後半 (2013.08.10.第52回七大戦演舞会)

50年前の応援風景を3点。野球応援でリーダーは同期の菊沢喜八郎君です。
画像
下写真は「全日本ラリー」出場の「自動車部」を二条城前で応援する京都大学応援団です。
画像
下写真は、京都駅で「弓道部」を見送る京都大学応援団です。
画像

現在の応援団の応援風景を YouTube から掲載します。まず滋賀県瀬田川で行われた「朝日レガッタ」で「ボート部」を応援する風景です。(hh3131hhさん 2012/05/04公開)

2012.5.5 朝日レガッタ 男子一般エイト予選 京都大学応援団

最後は現在の野球の応援風景です。2014年8月30日、対立命館大学戦、わかさスタジアム京都(atomfestivalさん 2014/08/31公開)です。

京都大学応援団、新生の息吹

京都大学応援団、新生の息吹(得点時)

50年が経って京都大学応援団はすっかり変わりました。しかし私たちの在団当時に始まった11月祭・前夜祭は「第54回」、国立七大学戦も「第52回」と連綿と続いています。また団長も初代の長元一郎氏から私の学年の第六代団長小池一歩君そして現在は第五十八代団長丹羽綾之介君へと続いています。
京都大学応援団の公式ホームページは下記です。ぜひご覧ください。
http://kyo-dark.sakura.ne.jp/
猶、応援団のOB・OGの会に「いぶき会」があります。この会は会員相互の親睦と同時に、現役の応援団をサポートする強固な組織です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です。本当に久しぶり・・・、お元気に活躍しておられる「製品」を拝見して、嬉しく心から感謝しています。

あのような時もあったのだなァ・・・、若かったなァ・・・等々想い出は尽きません。

ただ、パソコンの操作が極めて低レベルなので、頂いたメールの全てをすぐに見ることが出来ません。これからユックリあれこれ操作して、鑑賞させて頂きます。

これからも何卒宜しくお願いします。
池口 義明
2015/01/04 16:37
ご無沙汰です。いゃ〜、懐かしい写真を有り難うございました。我々も随分若かったね〜! 
それに現今の応援団の写真と比較して見ると、今昔の感に堪えません。
京大硬式野球部も秋のシーズンは奮闘し、同志社大からは勝ち点をもぎ取ったようで、現役の連中も大いに意気が上がっていることと思います。
その上、京大初のプロ野球選手(田中ゆうすけ君?)が誕生した由、ご同慶の至りです。今後とも彼の活躍ぶりと合わせて、京大運動部の益々の隆盛を願わずにはいられません。
取り急ぎ、御礼まで。     
山下 健二
2015/01/04 16:39
お元気でお過ごしの由、心よりお喜び申します。懐かしい、かっての日々のことが思い出されました。ありがとうございました。

貴兄のブログを折々に拝見したいと思います。小生も「東向島通信U」に、本年5月末から6月初めのニューヨーク及びワシントン旅行記を掲載しています。「東向島通信T」はロンドン旅行記を書き始めましたが、途中で止まったままでお恥ずかしい次第です。
小池一歩
2015/01/04 16:45
山下 健二さま
ご覧いただきありがとうございます。
私たちの播いた、前夜祭や七大学戦の種が、見事に育っています。
スポーツもアメフットが振るわないようですが、他の種目が強くなっているようですね。

またいつの日が、お会いできることを願っています。
M YASUDA
2015/01/04 16:55
小池一歩さま
ご覧いただきありがとうございました。
私のブログを始めて4年になります。
同年代の方々は、ブログを見て下さってもなかなかコメントを書くまで行かずに、私のブログは寂しい限りです。
しかし、私の書いた
(275)運転免許更新のための「高齢者講習」をこうして終えました
http://21432839.at.webry.info/201304/article_5.html
は今日現在、10790回の訪問を得ています。
世の人々に役立つ記事が書けたとひそかに喜んでいます。


M YASUDA
2015/01/04 17:11
池口 義明さま
メールでご案内し、真っ先にいただいた返信メールをブログにアップさせていただきました。ご了承ください。 その後、パソコンの操作上達されたでしょうか。 メールにてご連絡いただければ、お手伝いさせていただきます。
M YASUDA
2015/01/04 17:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
(366)卒団50周年、古巣「京都大学応援団」を想う M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる