M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (428)私を殺した三井住友銀行に対する質問状

<<   作成日時 : 2016/07/13 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

私の先のブログ「(427)三井住友銀行に殺された話」にて、私が殺されていた話を掲載しました。

http://21432839.at.webry.info/201601/article_2.html

画像


生きている私が、誰かの情報がもとで、死んだことにされ、私の口座が閉じられてしまったのです。

まったく、信じられないことが起こりました!!

あの日、たまたまATMに入金しようとして、気が付きましたが、本当に不幸中の幸いでした。

もし、私の発見が遅れていれば大変なことになっていました。

こんな重大なことを、天下の三井住友銀行が、平然とやってのけるのですから・・・・

三井住友銀行の怠慢か?驕りか?コンピュータに頼りすぎのノーチェック・システムによる落とし穴か?

あるいは、悪意を持った第三者が、私を陥れるために、仕掛けた罠に嵌ったのか?

三井住友銀行は、誰の情報が、何処で、どのように処理されて、私の口座が閉じられていしまったのか・・・・・・
事の重大性を考え、単に謝罪だけでなく、真相を解明すべき事件です。

真相解明のため、下記のような質問状を、内容証明郵便で送りました。



東京都千代田区丸の内1−1−2
株式会社三井住友銀行
頭取兼最高執行役員國部毅殿
                                    住      所
                                    氏  名 (印)
     
 私は貴行たまプラーザ支店に口座を有する者です。2016年1月15日午後、たまプラーザ駅構内及び支店内のATMで入金を試みましたが、これらATMは入金を拒否しました。
支店窓口に調査を依頼したところ、

 貴行寝屋川支店において、私と同姓同名で生年月日が同じ人物の死亡届が受理されて、私の口座が閉鎖されている。またクレジット機能付銀行カードもクレジット会社で無効にされている。との説明を受けました。

 たまプラーザ支店窓口は、当初私を死者の口座に関連した不審者のように見ていましたが、免許証にて私を名義本人と確認し、ようやく口座を回復しました。但しカード回復には相当日数を要するとのことでした。 後に貴行寝屋川支店から電話を受けましたが、謝罪のみで納得出来る経過説明は皆無でした。

 私が死者にされて、憤怒に堪えませんが、誰の届出が何処でどのような経過を経て、かかる結果となったのか、事の重大性に鑑み謝罪のみならず徹底的な真相解明を求めます。



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(427)三井住友銀行に殺された話
昨日、私は三井住友銀行に殺されていました。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/07/15 01:01
(429)私を殺した三井住友銀行の謝罪と釈明
2016年1月28日、三井住友銀行たまプラーザ支店(下写真)で、三井住友銀行寝屋川支店・サービス部・部長、たまプラーザ支店・支店長、および たまプラーザ支店・お各さまサービス課・課長の三人と面談しました。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/07/15 01:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(428)私を殺した三井住友銀行に対する質問状 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる