M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (440)継続することに意義あり!大学同窓「田園都市A3昼食会」

<<   作成日時 : 2016/08/02 10:35   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 5 / コメント 0

私は京都大学農学部農林経済学科に1960年入学し、1964年卒業しました。同期で入学したのは、31名で、4名が他界し、存命は27名です。彼らの現在の住まいは関西在住が8名(30%)で、関東在住が19名(70%)です。
関東在住のうち、驚くことに、田園都市線の「たまプラーザ」3名、「鷺沼」1名、「あざみ野」1名、東横線の「大倉山」2名、計7名が近くに住んでいます。
同じ横浜市には、「戸塚区」、「金沢区」に各1名、湘南には「藤沢市」と「逗子市」に各1名、合計11名が近くに集まっています。関東在住19名のうち実に11名(60%)が、横浜・川崎・湘南に集まって住んでいます。

私はこのように多くの同窓生が近くにすんでいるのも、何か不思議な縁と思い、永久幹事になって、近くの同窓生が年2回、集まって昼食会を行えるように手配しています。下写真は2016年7月20日の昼食会に集まった同窓生です。

画像

この昼食会が定例化するに至った経緯について、農林経済学科のOB会の機関紙「洛友会報」に投稿しましたので、紹介します。

   継続することに意義あり「田園都市A3昼食会」報告

「多摩田園都市」は東急電鉄が1953年から始めた開発総面積5,000万uにおよぶ大プロジェクトによって開発された地域です。東急「田園都市線」はこの多摩田園都市を貫く大動脈で、「溝の口〜長津田」間が1966年開通し、その後順次延伸されて、現在では都心の「渋谷」と神奈川県の「中央林間」を結んでいます。下写真は、1960年代後半のたまプラーザ駅周辺の開発状況です。
画像

下写真は1966年4月1日、溝の口駅での開通式です。
画像

私が田園都市沿線「たまプラーザ」に住み始めたのは1975年です。開発は上の写真からかなり進んでいましたが、当時のたまプラーザ駅前は、現在の百貨店もスーパーもなく雑草の茂る大きな空き地でした。田園都市線を走る電車は旧型の4両編成で朝夕は猛烈な混み様で窓ガラスの割れることもありました。これからの開発が待たれる地域でした。

その後、教養課程でA3組だった同期生がおいおい移り住んできました。当時農学部全体の入学生は160名。最初の2年間は教養課程で3組に分けられました。そのうちの一つがA3組で、主に農林経済学科を中心に、林学など多学科の学科の学生を含め約50名で構成させていました。下写真はA3組の担任教授を囲んだ記念撮影です。

画像

現在では田園都市沿線にA3組の同期生7名が住んでいます。「たまプラーザ」に農林経済学科のA.O君、H.O君、私、「鷺沼」にY.O君、「あざみ野」にK.S君、「中川」に農芸化学科のM.N君、「青葉台」に林学科のH.H君です。
田園都市線のお隣の東急・東横線の「大倉山」にも農林経済学科同期のR.K君と、H.W君が住んでいます。何たる奇縁でしょうか?!ごく近いところに9名もの同期生が住んでいます。
なお、「たまプラーザ」とは、多摩田園都市の中核地域にある駅の名前ですが、この駅名は東急電鉄の当時の社長であった五島昇氏の発案によるものです。語呂が良くて、親しみやすく、他に類似がなく、駅勢圏のシンボルとなることを考慮したといわれています。駅名にあやかって、たまプラーザ駅を中心に横浜市青葉区美しが丘、美しが丘西、元石川、新石川などが「たまプラーザ」と呼ばれています。昭和58年テレビドラマ「金曜日の妻たちへ」の舞台になった街です。

2007年8月1日、上記9名のうち8名で、鷺沼に引っ越してきたY.O君の歓迎会を、たまプラーザの中華レストラン「美華」で行いました(下写真)。その時、次回幹事を決め再開を約して別れましたが、残念ながら実現しませんでした。

画像

時を改め2009年頃から、田園都市沿線に住む農林経済学科同期5名が集まり昼食を共にするようになりました。翌年から参加者の範囲を広げて上記9名の昼食会を始めました。最も古くからこの地域に住む私は、至近距離に9名の同期生が住む奇縁を大切にしようと思い、永久幹事を自認し、「美華」で続かなかったことを反省し、会を継続する方法として「継続することに意義あり」を第一義に、幹事・出席者ともに手間をかけず定期的・自動的に集まる仕組みを考えました!
会の名称は「田園都市A3昼食会」。年2回の開催。場所は毎回同じ「たまプラーザ東急百貨店」5階の中国名菜「陳麻婆豆腐」。午前11時30分集合。昼食後は近くの「砂塚珈琲店」にて歓談。そして次回開催日を決めて散会です。
幸いメンバーの賛同を得て100%近い出席率で昼食会を続けてきました。現在では湘南に住むM.U君、M.T君、戸塚区のH.K君、千葉市のM.F君にも参加を呼び掛けています。下写真は2016年1月7日に集まった同期生です。

画像

年2回の昼食会のほかに、横須賀軍港めぐり、満願寺・徳川宗家19代家広氏「江〜姫たちの戦国」講演会、日吉台帝国海軍大地下壕、明治大学登戸研究所資料館、自衛隊富士学校開設記念行事、富士総合火力演習2013、富士スバルライン五合目、多摩森林科学園、こどもの国弾薬庫跡などの社会科見学も行ってきました。下写真は2012年7月12日「明治大学登戸研究所資料館」を訪れた時の写真です。
画像

下写真は2013年8月22日、東富士演習場で、実弾を使っての富士総合火力演習2013です。
画像

下写真は、2014年8月20日、富士山スバルライン5合目、小御嶽神社前です。
画像

「美華」から9年!永久幹事はこれからも、同期のメンバーと有意義な会を継続できるよう願っています。

一昨年卒業50周年同期会を行い、私はその幹事を担当しました。この同期会については、下記のトラックバックを参照してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(367)京都大学農学部農林経済学科同期会@ 1日目 母校農学部を訪問
私は1960年、京都大学農学部農林経済学科に入学しました。「60年安保闘争」の年で、安保闘争の後、7月には岸内閣に代わって池田内閣が発足し「所得倍増計画」が打ち出しました。そして卒業したのは1964年、新幹線が開通し、東京オリンピックが開催され、まさに高度経済成長が始まる年でした。 今年2014年は、大学を卒業して50周年になります。農林経済学科の同期生(入学31名、内4名他界)は2年ごとに同期会を行っていますが、今回は卒業50周年を記念した同期会で、私と山本君が幹事に指名されていました... ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/08/02 10:41
(368)京都大学農学部農林経済学科同期会A 2日目 宇治分校跡を視察
当時、京都大学入学生は、教養課程の最初の1年間を京都府宇治市黄檗の「宇治分校」で学び、2年生から京都の吉田分校に移ることになっていました。しかし私たちが入学した翌年から教養課程の2年間を最初から吉田分校で学べることになり、私たちが最後の宇治分校生となりました。宇治分校は日本帝国陸軍の火薬庫跡の敷地の半分を大学にしたもので、あちこちに火薬庫の廃墟が残り、兵舎がそのまま校舎になっていました。残りの半分は陸上自衛隊の「宇治駐屯地」になっていました。 しかし、同期会の二日目、宇治分校跡で見たのは... ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/08/02 10:42
(369)京都大学農学部農林経済学科同期会B 2日目 黄檗・宇治観光
2014年10月30日、京都大学農学部農林経済学科卒業50周年記念同期会の二日目は、教養課程の1年生を過ごした宇治分校跡の視察と、付近の黄檗と宇治の観光です。下は現在のこの地域の地図(クリックすると大きくなります)でした。黄檗にはJR奈良線「黄檗駅」と京阪電車奈良線「黄檗駅」があり、両駅の西に「京都大学宇治分校跡」、東に「黄檗山萬福寺」があります。またその南に、宇治川を挟んで宇治市の中心部があります。この日、おごと温泉から、京都経由JR奈良線で「黄檗」に向かい、まず「黄檗山萬福寺」を訪れま... ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/08/02 10:45
(370)京都大学農学部農林経済学科同期会C 南禅寺、琵琶湖疏水、碧雲荘
今回の同期会を機に、私的に訪れたいところが2カ所ありました。それは三高寮歌に歌われている「吉田山」と、大学の2・3年生の2年間下宿した「南禅寺」でした。 「吉田山」の訪問記は次回とし、今回は「南禅寺」訪問を紹介します。南禅寺訪問は、同期会の宇治観光が予定より早く終了したので、同期生の杉江君と、宇治に近い「六地蔵」から、京都市営地下鉄で南禅寺に近い「蹴上(けあげ)」まで行くことで実現しました。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/08/02 10:46
(371)京都大学農学部農林経済学科同期会D 三高寮歌「逍遥の歌」と吉田山
三高寮歌「逍遥の歌」の一番は次のようになっています。(この歌は十一番までありますので、全歌詞を巻末に記載します) ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/08/02 10:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(440)継続することに意義あり!大学同窓「田園都市A3昼食会」 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる