M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (444)映画「青い山脈」の系譜B 映画「青い山脈」のオリジナル版とリメーク版一覧

<<   作成日時 : 2016/08/14 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

映画「青い山脈」は、同名の小説が1947年(昭和22年)6月から12月まで朝日新聞に連載された後、1949年(昭和24年)最初に映画化されました。その後この映画は、1957年(昭和32年)、1963年(昭和38年)、1975年(昭和50年)、1988年(昭和63年)に4回リのメーク版が制作されました。

今回は、オリジナル版およびリメーク版を、すべてに共通して出てくる、沼田医師が島崎先生にポロポーズする場面を中心に見てみようと思います。映画ではこのプロポーズ場面は、サイクリングに行って、皆の前で行われます。下はオリジナル版のプロポーズ場面です。
画像

小説では、沼田医師の家に皆が集まった時に、二人だけで二階の書斎で行っています。小説を抜粋すると・・・

沼田は、小さな丸テーブルを隔てて、雪子と向かい合ってすわると、
「島崎さん、貴女は一体ぼくのことをどう思っておりますか?」
「どうって、率直な、いい方だと思っておりますわ」
「ただ、それだけですか? ほかにぼくの・・・・」
「先生、率直ということは、人をいろいろな面からたたいて試してみることではなくて、ご自分の要件をまっすぐにおっしゃることですわ」
「そうです。その通りです」
沼田は早くも鼻面をひきまわされて、額の脂汗を手の甲でこすった。
「つまり、ぼくは貴女と結婚したいと思うんですけど、貴女の意思はどうでしょう?」
「結婚? 私と—――?」
雪子は、胸の骨がボクンとなるほど、烈しい深い歓びを感じたが、表面はサラサラした調子で、
「貴方が私のことを十分観察された上で、そういうお考えになられたのでしたら、私はお受けしてもいいと思いますわ」
「ありがとう」と沼田は心臓のふくらみがのぞかれるような、生ま生まし嘆息をもらした・・・・
映画では、このあたりで終わりますが、小説ではこの後、結婚後のいろいろな取り決めを話しあっています。そしてこの話を盗み聞きした笹井和子が、皆に伝えます。

1947年(昭和22年) 青い山脈
az8601さん 
2007/10/28 にアップロード

監督:今井 正
配役:島崎雪子(女教師)原 節子   沼田玉雄(校医)  龍崎一郎
   梅太郎(芸者) 木暮実千代     寺沢新子(女学校生)杉 葉子
   金谷六助(高校生) 池部 良    富永安吉(高校生) 伊豆 肇
   松山浅子(女学校生)山本和子   笹井和子(女学校生)若山セツコ
ロケ地は静岡県下田市他です。

1957年(昭和32年) 青い山脈
hamami36さん
2007/11/09 にアップロード

監督:松林宗恵
配役:島崎雪子(女教師)司 葉子   沼田玉雄(校医)   宝田 明
  梅太郎(芸者)   淡路恵子    寺沢新子(女学校生)雪村いずみ
  金谷六助(高校生)久保 明     富永安吉(高校生) 太刀川洋一
  松山浅子(女学校生)水谷良重   笹井和子(女学校生)笹るみこ
岐阜県 中津川市、恵那市で撮影されました。

1963年(昭和38年) 青い山脈
NIKKATSUチャンネル
2013/10/06 に公開

監督:西川克己
配役:島崎雪子(女教師)芦川いづみ   沼田玉雄(校医)  二谷英明
   梅太郎(芸者)    南田洋子    寺沢新子(女子高生)吉永小百合
   金谷六助(浪人生) 浜田光夫    富永安吉(大学生) 高橋英樹
   松山浅子(女子高生)信千賀子   笹井和子(女子高生)田代みどり
時代に合わせて設定を、旧制高等女学校から新制女子高等学校に、旧制高校生から大学生に変更してあります。ラブレタをめぐって女子高の教職員と父兄とが議論する場面では、大学生がアマチュア無線で主人公たちに向けて実況中継するといった現代的な脚色が加えられました。ロケーションは滋賀県彦根市です。

1975年(昭和50年) 青い山脈
Konohana Sakuyaさん
2015/12/21 に公開

監督:河崎義祐
配役:島崎雪子(女教師)中野良子   沼田玉雄(校医)  村野武範
   梅太郎(芸者)  星由里子      寺沢新子(女学校生)片平なぎさ
   金谷六助(高校生) 三浦友和    富永安吉(高校生) 田中 健
   松山浅子(女学校生)加藤小夜子 笹井和子(女学校生)木村理恵


1988年(昭和63年) 青い山脈

画像

監督:斎藤耕一
配役:島崎雪子(女教師)柏原芳恵  沼田玉雄(校医)  舘ひろし
  梅太郎(芸者)  梶芽衣子      寺沢新子(女学校生)工藤夕貴
  金谷六助(高校生)野々村真    
  松山浅子(女学校生)松岡由美  笹井和子(女学校生)池田純子

この映画は、今までのシリーズを大胆にリメークした作品のようですが、残念ながらYouTube で、現在見当たりません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。日本テレビ系でかつて、青い山脈が、放映
されました。その時歌ったのが梶光夫さんです。青春の城下町 などでの美声で知られています。
今はyoutubeでもきかれないようです。
keitarouable
2016/08/20 21:00
keitarouableさま
生れ故郷の彦根を舞台にした「青い山脈」を見直してみようと、DVDを購入してみました。
この際「青い山脈」について調べてみようとしたところ、ネットで、オリジナル版やリメーク版を知りました。
図書館で小説「青い山脈」を借りてきて、熟読しました。
今、読んでも全然違和感がありません。
作者は、戦後の混乱期に、将来を見通してよくここまで、書かれたと感心しています。
オリジナル版に続いて、リメーク版が次々と作られたのは、単に昔を懐かしむのではなく、この作品が、いつに時代にも適合しているからだったと思います。
M YASUDA
2016/08/21 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
(444)映画「青い山脈」の系譜B 映画「青い山脈」のオリジナル版とリメーク版一覧 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる