M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (456)詩吟レッスン 2016年9月23日 胡隠君を尋ぬ、やわ肌の、名月や、熊本城

<<   作成日時 : 2016/09/27 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

胡隠君を尋ぬ
          高 啓
あちらで川を渡り、またこちらで川を渡り、そして、あちらで花を眺め、またこちらで花を眺める。このようにして、心地よい原風のそよ吹く川のほとりの道をのどかに歩いているうちに、いつのまにかあなた(胡隠君)の家にたどりついてしまったことだ。
胡隠君=胡は生。隠君は仕官しないで隠棲している人

画像







(短歌)B型 やわ肌の
              与謝野晶子

画像







(俳句)A型 名月や 
               其 角

画像







熊本城
              原 雨城
雄大な阿蘇の五岳を東の空に臨み、西は洋々として不知火の海が広がる。白川の水は悠然と熊本平野を南にさらさらと音を残して流れる。熊本城が厳としてその威容を長久に示すように、加藤清正のはなばなしい武勲、偉大な治水工事による安民救済の功績は後世に輝くことである。そして菩提寺本妙寺の苔深い石磴に降る粛々たる秋の雨や、春の楠の若葉に吹き来る東風も、清正のたけし魂をなぐさめることである。

画像










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(456)詩吟レッスン 2016年9月23日 胡隠君を尋ぬ、やわ肌の、名月や、熊本城 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる