M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (462)敗戦後の世相を描いた映画 復員を待つ家族、戦争未亡人、戦争孤児、そして民主主義

<<   作成日時 : 2016/10/27 13:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和20年(1945年)太平洋戦争は、日本の敗戦で終結しました。その後の混乱した日本でも、映画は大衆の娯楽として次々に公開されました。
私は、終戦時は4歳でした。地方都市で成長した私にとって、映画は遠い存在でした。しかし、今、当時の映画をYouTubeで見ることが出来ます。戦後の混乱した時代を描いた映画をYouTubeからピックアップしてみます。
これらの映画の主人公は、夫や父の復員を待ちわびる家族、夫を戦争で亡くした妻たち、両親を戦争や空襲で亡くした孤児たち・・・・そしてそんな人たちを食い物にする男たち。
その反面、これからの自由で、民主的な日本に向けての希明るい希望を描いた映画など・・・
下写真は映画「赤線地帯」の一場面です。

画像


異国の丘 昭和24年
Saturnina Brantさん
2016/03/10 に公開

『異国の丘』は、シベリア抑留の兵士の間で歌われていた歌謡曲ので、それをモチーフとして1949年(昭和24年)に製作・公開された映画です。シベリアに抑留された良人(父)の復員を待ちわびる家族の物語です。



モンテンルパの夜は更けて 昭和27年
Saturnina Brantさん
2016/03/10 に公開

映画は、フィリピン国モンテンルパ市の刑務所に収監されている戦犯が、いつ死刑になるかわからない恐怖と、日本で彼らの帰還を待ちわびる家族の物語です。渡辺はま子が彼らを歌った「あゝモンテンルパの夜は更けて」は、1952年(昭和27年)9月、ビクターレコードから発売され、大ヒットしました。



リルを探してくれないか〜風の噂のルリ 昭和27年
Jody Hongさん
2016/02/19 に公開

上海がえりのリルを中心に、トロンボーン奏者の男とその弟子でトランペット奏者の男の物語です。



Street of Shame 1956 Kenji Mizoguchi - Japan Classic
HS Movies
2016/12/17 に公開

売春防止法制定前後(同法公布は1956年5月24日)の社会情勢をリアルタイムに取り入れた現代劇で、溝口作品の真骨頂とも言うべき女性主体の作品です。特殊飲食店「夢の里」を舞台に娼婦たちの生き様を生々しく描いた悲喜劇で、大勢の有名女優が次々に登場する豪華な女性群像劇です。




鐘の鳴る丘 第一篇【隆太の巻】
M32K さん
2016/04/30 に公開

鐘の鳴る丘は昭和22年(1947年)7月5日から昭和25年(1950年)12月29日までNHKラジオで放送されたラジオドラマで、それを原作とした映画です。
空襲により家も親も失った戦災孤児たちが街にあふれていた時代、復員してきた主人公が孤児たちと知り合い、やがて信州の山里で共同生活を始め、明るく強く生きていくさまを描いています。



鐘の鳴る丘 第二篇【修吉の巻】
M32Kさん
2016/10/11 に公開




銀座新地図 昭和23年
Le Mayersさん
2016/06/15 に公開

更生し真面目に働いている元スリの「地下鉄伸」が、恋人の弟を助けるためにスリを働く物語です。



『四人目の淑女』 木暮実千代、上原謙、月丘夢路
itaru kawaradaさん
2015/07/27 に公開

6年振りに戦地から帰国した男が、音楽学校時代の親しい女友達が四人を次々に尋ね歩く物語です。



女性の勝利(1946)/溝口健二
虞美人草
2016/11/30 に公開

戦後の「司法の民主化」をテーマにした映画。女性弁護士細川ひろ子(田中絹代)と、義兄の河野検事(松本克平)の法廷闘争を通して、女性の地位向上、社会進出を訴えています。



青い山脈 前編 1949(昭和24)年
Kali Christopherさん
2015/08/31 に公開




青い山脈 後編
Saturnina Brantさん
2016/03/10 に公開

石坂洋二郎の小説「青い山脈」を映画化した今井正監督の代表作です。旧制女学校を舞台に寺沢新子、島崎先生(原節子)、沼田医師などが繰り広げる明るい青春譜が、暗くじめじめした封建性を打破し、人間的で民主的な社会の建設をめざす姿として、当時の人々の共感を呼びました。




しいのみ学園 1955(昭和30)年 The Shiinomi School

Chi Mengさん
2015/05/25 に公開

小児マヒの問題をテーマとして福岡学芸大学の山本三郎教授のベストセラーになった「しいのみ学園」を映画化したもの。小児麻痺の二人の息子を持つ山本教授夫妻が、全財産をなげ打って小児マヒの子供のための学校「しいのみ学園」を創る物語です。




瀬戸内少年野球団 1984年(昭和59年)
Palmer Medlinさん
2016/09/15 に公開

淡路島出身である阿久悠の自伝的小説を原作として、1984年公開された映画。女優・夏目雅子の遺作であり、俳優・渡辺謙の映画デビュー作です。
制作されたのは1984年ですが、戦後の世相をよく映し出されています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(462)敗戦後の世相を描いた映画 復員を待つ家族、戦争未亡人、戦争孤児、そして民主主義 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる