M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (463)横浜市・道志水源林100年記念事業「記念植樹ツアー」に参加して

<<   作成日時 : 2016/11/03 23:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

横浜市が1916(大正5)年に、道志村内の山林を山梨県から購入し「道志水源林」として管理・保全してから今年で100年を迎えました。その記念事業の一環として2016年10月28日に行われた「記念植樹ツアー」に参加してきました。

神奈川県には、下図のように5つの水源地 @相模湖、A津久井湖、B宮ケ瀬湖、C丹沢湖、D道志川があります。
画像

このうち、道志川は横浜市の固有水源で、下図にように「鮑子(あびこ)取水ぜき」で取水し、「青山沈殿池」を経てトンネルや管路によって自然流下で29km先の横浜市内の「川井浄水場」へ送られて浄水処理されています。
画像

なお、横浜市の保有水源は、道志川系統のほかに、相模湖系統や馬入川(相模川)系統など下図のようにあります。
画像
下は道志村の地図です。緑色の部分が横浜市の保有する水源林で、面積は2,873ha。これは道志村の面積の36%にあたります。モミ・ツガ・ブナなどの天然林が1,799ha、スギやヒノキなどの人工林が762ha、採草地などが312haあります。
画像
「記念植樹ツアー」は関内駅前から、横浜市交通局の赤いリムジンバスにてスタートしました。参加者は32名でした。
画像
バスが道志村に到着すると、まず上地図の「@源流の森」で下車しました。
画像

すでに雨が降り始めていたので、その入り口で説明を聞きました。
画像

下は、源流に近い道志川の流れです。
画像

ここで水源林の働きについて説明を聞きました。それは森林の水源涵養(かんよう)機能といい、下図のような@水を蓄える、A水を浄化する、B洪水を緩和する機能を言います。
画像

雨が激しくなってきたので、予定を変更し「B植樹地」に向かいました。
画像

植樹地では、まず苗木の植え方を見せてもらいました。
画像

ここで、1班10名に分かれて、赤い棒の立っているところにコナラ、ミズナラの苗木を各自10本ずつ植樹しました。
画像

記念撮影です。
画像

植樹を終えて「水源林管理所A」で、各自持参の弁当を食べました。
画像

食事を終えて、下写真の道志川を渡り、「C道志の湯」に向かいました。
画像

下写真は「C道志の湯」の入り口で、ここでひと風呂浴びました。
画像

その後「D道の駅どうし」に立ち寄りました。
画像
ここで、各班の記念撮影です。下は私の属した第一班です。
画像
この後、横浜に戻りましたが、残念ながら濃霧のため車窓の景色を楽しむことが出来ませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(463)横浜市・道志水源林100年記念事業「記念植樹ツアー」に参加して M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる