M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (470)中山道をホントに歩く(2) 日本橋(東京都中央区)〜追分一里塚跡(文京区)

<<   作成日時 : 2017/01/24 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017年1月12日、日本橋周辺を見た後、中山道を北に向かって歩き始めました。日本橋から、中山道(現在の国道17号線)を望むと、下写真の「三越百貨店・別館」がそびえています。
画像

下はこの日のルートマップです。
画像
西に向かう東海道に比べ、北に向かう中山道は、宿場の数も多く、京都まで遠いと感じられます。距離は40kmほど長いだけですが、宿場の数が多かったのは、峠や難所をいくつも越えなければならなかったからです。
東海道には大きな危険な川を何カ所も渡らなければならず、川留めで日程が狂うこともあったのに比べ、中山道は少し遠距離になっても、順調に歩けば必ず目的地に到達できるという利点があり、よく利用されたようです。

別館の隣に「三越・本店」があります。ここは江戸時代に三井八郎右衛門高利が開いた呉服店「越後屋」の跡です。
画像

三越の向かい側には「コレド室町」が三棟たっています。日本橋の老舗店舗、新業態の店舗、多目的ホール、オフィスなどがはいています。
画像

三越の裏には「日本銀行」があり、ここには江戸時代「金座」がありました。
画像

下写真は中山道(国道17号線)で、電線は地中に埋められています。
画像

やがてJRの高架が見えてきました。高架の下は「神田駅」です。
画像
高架をくぐると、国道17号線と分かれ、高架に沿って旧中山道を歩きました。高架の下の煉瓦造りの建物は「旧万世橋駅」で、現在は「マーチエキュート神田万世橋」になっています。
http://21432839.at.webry.info/201408/article_1.html
画像
神田川に架かる「昌平橋」を渡りました。この先にある湯島聖堂に祀る孔子の生誕地「昌平郷」に由来し名前が付けられました。
画像
坂道の左に長い土塀が見えてきました。湯島聖堂ですが、ここは下記にてすでに訪問していますので素通りしました。
http://21432839.at.webry.info/201112/article_1.html
画像

道路の反対側に「神田明神」の鳥居が見えました。
画像

境内に入ると、遅い初詣の参拝客が並んでいました。
画像

本郷三丁目交差点から春日通に反れて「湯島天神」に向かいました。
画像

受験シーズンを控え、多くの学生や家族が押し寄せていました。
画像

中山道に戻って少し進むと左に「本郷薬師」がありました。江戸時代にマラリヤが蔓延した時、この薬師に祈願すると治ったといいます。
画像

右には、東大の「赤門」がありました。11代将軍家斉の娘「溶姫」が、前田家に輿入れする際に建てられました。
画像

赤門の向かい側には、「法真寺」がありました。
画像

少し進むと、コンクリート造りの曹洞宗「喜福寺」がありました。
画像

中山道に戻って進むと、右に「東大の正門」が見えました。
画像
その向かい側には、明治38(1905)年に建てられた、登録有形文化財の「棚澤書店」がありました。
画像

「本郷弥生」交差点を過ぎ、東大農学部前に三差路「本郷追分」がありました。
画像
三差路にある「高崎屋」の横に「追分一里塚跡」の碑がありました。ここが日本橋から最初の一里塚です。この日のウオーキングはここまでにしました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(342)旧万世橋駅跡に「マーチエキュート神田万世橋」がオープン
「万世橋」といえば、今では「肉の万世」が知られています(下写真)。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/01/24 18:16
(163)ニコライ堂と湯島聖堂
先日、お茶の水に行った時、ニコライ堂と湯島聖堂を見て来ました。 (1)ニコライ堂 重要文化財で、正式名称は「東京復活大聖堂」と言い、ニコライ堂は別名です。 入口の案内板によると「この聖堂は明治17年3月に起工し、工期7年を以って同24年に完成したもので、設計者はロシア工科大学教授シチュールポフ博士、工事監督は英国人コンドル博士。日本最大のビザンチン式建築物として知られている。―日本ハリスト正教会教団」とありました。 下写真は通りの入口から見た写真です。 門から入り、前庭から撮った... ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/01/24 18:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(470)中山道をホントに歩く(2) 日本橋(東京都中央区)〜追分一里塚跡(文京区) M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる