M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (486)足立区「都市農業公園」のワシントンから里帰りした五色桜

<<   作成日時 : 2017/06/05 11:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

かつて、東京市長・尾崎行雄が日米友好の証として「荒川堤の五色桜」の苗木12品種3,000本を、アメリカの首都ワシントンに贈ったのは、105年前の1912年です。現在首都ワシントンのポトマック公園の桜は世界的な名所になっています。
http://21432839.at.webry.info/201110/article_9.html
一方、「荒川堤の五色桜」は河川改修工事で逸散してしまいました。足立区では「五色桜」を復活させるために1981年、区制50周年記念事業として、ポトマック公園の桜から枝を採取して、33品種3,000本の里帰りを実現し、これらの枝から苗木を増やして区内の公園や学校などに植えました。
画像
2017年4月20日、「里帰り桜」の植えられている公園の一つである「「都市農業公園」を訪れました。下は「都市農業公園」の案内図です。
画像

西日暮里から「舎人ライナー」に乗り、「西新井大師西」にて下車し、バスで「都市農業公園」に向かいました。下は公園前の桜並木です。
画像
「都市農業公園」の入り口です。
画像

下は「五色桜」の説明です。五色桜とは品種の名前ではなく、染井吉野のほかに八重桜などの品種が混植されて、白、黄、淡紅、濃紅、紅などの彩られた五色の雲がたなびくように見えたため、と書かれていました。
画像

入口の左に円形の「芝生広場」があり、周りにいろいろな桜が植えられています。
画像

珍しい緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」です。ワシントンに贈ったこの品種はホワイトハウスの庭に植えられました。
画像

八重紫桜です。
画像

糸括(いとくくり)です。
画像

福禄寿です。
画像

松月です。他にもいろいろ植えられていました。染井吉野から遅れること2週間で、これらの八重桜は満開です。なお「八重」とは花弁の数が10枚以上のものをいい、5枚のものを「一重」、中間のものを「半八重」といいます。
画像

芝生広場を出て、荒川堤に向かいました。
画像

「都市農業公園」の外の荒川堤にも桜が植えられていました。
画像

荒川堤の桜で、左の緑色の桜は「鬱金(うこん)」です。
画像

「鬱金(うこん)」のアップです。御衣黄によく似ています。
画像

下は「普賢象」です。2本ある雌しべを、普賢菩薩の乗った象の牙に見立ててこの名がついたといわれています。
画像

下写真は、公園内にある古民家と長屋門です。
画像

下写真は「水田」です。田園風景が再現されていました。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(158)アメリカ大陸横断(付録2) ポトマック河畔・ハドソン河畔の桜物語
アメリカの首都ワシントンのポトマック河畔に桜並木があります。毎年3月末から4月の始めのシーズンには、盛大な「桜まつり」が開催されています。この桜には前回の「自由の女神」同様、さまざまな人々の思いがこめられています。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/06/06 00:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(486)足立区「都市農業公園」のワシントンから里帰りした五色桜 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる