アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小型ヨット入門」のブログ記事

みんなの「小型ヨット入門」ブログ

タイトル 日 時
(490)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップマッチ」(最終戦)
(490)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップマッチ」(最終戦) 「第35回アメリカズカップマッチ」(35th America’s Cup Match)が、2017年6月17日、防衛艇「オラクルチームUSA」vs挑戦艇「エミレーツ・チームニュージーランド」により始まりました。期間は6月17日、18日、24日〜27日が予定されていますが、7勝先勝で雌雄が決します。下写真は大西洋上の英領バミューダに作られたアメリカズカップ・ビレッジです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/21 17:38
(488)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップ」入門
(488)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップ」入門 「アメリカズカップ」は、世界最古といわれるスポーツトロフィー「アメリカズカップ」を巡って争われる世界最高峰の国際ヨットレースです。 始まりはロンドン万国博覧会(1851年)の記念行事として行われたヨットレースで、アメリカのヨット「アメリカ号」が優勝し、ビクトリア女王から下賜された銀製のカップを持ち帰りました。凱旋帰国した「アメリカ号」のスタッフは、その銀杯をニューヨーク・ヨットクラブに寄贈し、「この銀杯を持つものは、全ての挑戦を受けねばならない」とし、1870年に「第1回アメリカズカップ」が開... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2017/06/15 17:32
(287)「シティーマリーナ・ベラシス」への軽いセーリング(帆走)
(287)「シティーマリーナ・ベラシス」への軽いセーリング(帆走) 台風の通り過ぎた後の9月19日、いつも乗せてもらっている友人のヨット「パキトン号」船長から、横須賀市西浦賀にある「シティーマリーナ・ベラシス」まで、軽いセーリングに誘われました。同行は船長とS君に私の三人です。 浦賀は幕末に、ペーリ提督率いる「黒船」が来航した港です。浦賀港の入口にある「シティーマリーナ・ベラシス」は、マリンレジャーセンターとして注目を浴びています。下は案内パンフレットの写真です(クリックすると大きくなります)。 ルートは下図(クリックすると大きくなります)の通りで、金沢八景... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/04 23:21
(160)第14回横浜ベイサイド・マリーナ・オープンヨットレースに出場
(160)第14回横浜ベイサイド・マリーナ・オープンヨットレースに出場 10月22日(土)、友人のヨットで横浜ベイサイド・マリーナ主催のオープンヨットレースに出場しました。 横浜ベイサイド・マリーナ(以下YBMとします)は横浜市とヤマハ発動機や日産自動車などの民間企業の出資により第三セクター方式で設立されマリーナで1996年4月1日に開業されました。1496区画の係留施設があり、給油施設やメインテナンス施設、レンタルボート、ヨットスクール、ボート免許教室などもあり、日本最大級の規模を誇るマリーナとして運営されています(下写真)。 コースは下の図(クリックすると大... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/04 22:30
(130)ヨット仲間のW君を悼む
(130)ヨット仲間のW君を悼む 会社時代の同期で、名古屋時代に同じ寮で生活したこともあり、退職後は友人のヨットに一緒に乗っていたW君が先日逝去されました。彼と一緒にヨットに乗った写真を掲載し、哀悼の意を表します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/26 13:48
(129)海の日(海上保安庁主催)ヨット体験乗船会
(129)海の日(海上保安庁主催)ヨット体験乗船会 7月18日は「海の日」です。この日「八景島シーパラダイス」(下イラスト、クリックすると大きくなります)の「八景島マリーナ」で海上保安庁主催の行事の一環として「ヨット体験乗船会」が行われました。 この日体験試乗会に私の友人が属する金沢八景マリンクラブから、友人のヨット「パキトン号」を含め、3艇が主催者の要請で出動しました。 友人からの誘いを受け、私は長男とその子供(孫)二人とともに友人のヨットに乗せて貰いに行きました。下はその時、八景島沖を帆走した時の写真で、左後方の三角屋根は八景島シーパラダ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/24 14:03
(126)クルージング入門 金沢八景―千葉県鋸南町・保田漁港
(126)クルージング入門 金沢八景―千葉県鋸南町・保田漁港 7月2日(土)・3日(日)友人のヨットで、金沢八景・平潟湾―千葉県安房郡鋸南(きょなん)町の保田(ほだ)漁港往復のクルージングに参加してきました。 今回のクルージングは友人の所属する「金沢八景マリンクラブ(KMC)」の年中行事の一つで7艇が参加して行われました。コースは下の図(クリックすると大きくなります)の赤線のコースで、片道約30km(17海里)です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/07/05 20:10
(70)ヨットはどうして進むのでしょうか? その2
(70)ヨットはどうして進むのでしょうか? その2 私のブログ「(58)ヨットはどうして進むのでしょうか?」 http://21432839.at.webry.info/201010/article_1.html でヨットが進む力について解説しましたが、その時に風に向かってすすむ技術の「タッキング」について、もう少し勉強してから解説することにしていました。 12月20日、真冬にもかかわらず、ポカポカ陽気の温かい日、軽いセーリングをして、実際に舵を持たせてもらって、「タッキング」を体験してきましたので報告します。 タッキングの概念図(クリッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/12/23 17:27
(58)ヨットはどうして進むのでしょうか? その1
(58)ヨットはどうして進むのでしょうか? その1 勿論ヨットは風によって進みます。 追い風の時は風に押されて進みますが、追い風ばかりが吹いているわけではありません。ヨットは風に向かっても進みます。どうして風に向かって進むことが出来るのでしょうか? この疑問を少し考えてみたいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/01 20:13
(56)ヨットレース入門
(56)ヨットレース入門 9月12日(日)友人の所属する金沢八景マリンクラブのヨットレースに参加しました。今年から友人の艇長達とシニアチームを結成し、私にとっては3回目のレースでした。下の写真は当日金沢八景の平潟湾のヨットハーバーでレースに参加するクラブメンバーが各自の愛挺の準備をしている風景です ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/29 21:58
(13)小型ヨット入門
(13)小型ヨット入門 私の友人にヨットを持った男がいます。会社に同期に入社した友人です。彼はヨットが好きでしたが、大学でヨット部に入っていたわけではありません。しかしヨットに対する思い入れは強く、会社で仲間と一緒に社内のヨットクラブを作りました。 彼は自宅を作る時、海に近い金沢文庫に土地を選びました。自宅が完成した後は、念願のヨットを購入し、金沢八景の平潟湾に係留し、一人でコツコツ整備し、またセーリング(帆走)して、ヨットの腕をあげてきました。今では平潟湾のヨットクラブの会長をしています。下の写真は平潟湾の金沢八景... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 4

2010/06/20 17:57

トップへ | みんなの「小型ヨット入門」ブログ

M YASUDAのブログ 小型ヨット入門のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる