アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「街道を歩く」のブログ記事

みんなの「街道を歩く」ブログ

タイトル 日 時
(492)中山道をホントに歩く(7) 浦和宿〜大宮宿(埼玉県さいたま市)
(492)中山道をホントに歩く(7) 浦和宿〜大宮宿(埼玉県さいたま市) 2017年6月23日、前回の終点だったJR京浜東北線「北浦和駅」で下車し、中山道を北上して、さいたま副都心を経由して、大宮宿まで歩きました。下図は、浮世絵に描かれた「大宮宿富士遠景」の図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 14:55
(484)中山道をホントに歩く(6) 蕨宿(埼玉県蕨市)〜浦和宿(埼玉県さいたま市)
(484)中山道をホントに歩く(6) 蕨宿(埼玉県蕨市)〜浦和宿(埼玉県さいたま市) 2017年4月25日、JR京浜東北線「蕨駅」で下車し、前回の終点の蕨宿から、中山道を北上して浦和宿を通過し、JR京浜東北線「北浦和駅」まで歩きました。下図は、浮世絵の描かれた「浦和宿浅間山遠望」の図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 20:28
(477)中山道をホントに歩く(5) 戸田川渡船場跡(東京都板橋区)〜蕨宿(埼玉県蕨市)
(477)中山道をホントに歩く(5) 戸田川渡船場跡(東京都板橋区)〜蕨宿(埼玉県蕨市) 2017年2月28日、JR埼京線「浮間舟渡駅」で下車し、中山道を荒川を渡り、蕨宿まで歩きました。下は浮世絵に描かれた「蕨の駅 戸田川渡」です。 板橋と蕨の中間を流れていたのが「戸田川」(現荒川)です。勿論「江戸防衛」のため舟渡しになっていました。戸田川は江戸を出発すると最初の大河であり、多くの旅人が緊張した場所でもありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 20:51
(472)中山道をホントに歩く(4) 板橋宿(板橋区)〜舟渡の板碑群(板橋区)
(472)中山道をホントに歩く(4) 板橋宿(板橋区)〜舟渡の板碑群(板橋区) 2017年2月2日、JR埼京線「板橋駅」で下車し、中山道が埼京線と交わる「踏切@」からウオーキングを開始し、「板橋宿」を通過して、荒川の手前「舟渡」まで歩きました。 下は浮世絵に描かれた「板橋宿」です。板橋宿は作られた当初は江戸から近いことが災いし、先を急ぐ人は素通りし、江戸を目指す人はあともう少しと通過してしまって、宿泊客が少なく困っていました。ところが江戸幕府の安定期に入ると江戸に近いことが幸いし、宿場というよりも江戸庶民の盛り場として賑わいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 20:43
(471)中山道をホントに歩く(3) 追分一里塚跡(東京都文京区)〜JR板橋駅(板橋区)
(471)中山道をホントに歩く(3) 追分一里塚跡(東京都文京区)〜JR板橋駅(板橋区) 2017年1月25日、前回終えた「追分一里塚跡」からスタートして、中山道を「JR板橋駅」まで歩きました。東京メトロ南北線を「東大前」で降り、地上に上がると「@東大農学部」です。下はその正門です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/01/27 15:39
(470)中山道をホントに歩く(2) 日本橋(東京都中央区)〜追分一里塚跡(文京区)
(470)中山道をホントに歩く(2) 日本橋(東京都中央区)〜追分一里塚跡(文京区) 2017年1月12日、日本橋周辺を見た後、中山道を北に向かって歩き始めました。日本橋から、中山道(現在の国道17号線)を望むと、下写真の「三越百貨店・別館」がそびえています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/01/24 17:50
(469)中山道をホントに歩く(1) 「中山道」とその起点「日本橋」
(469)中山道をホントに歩く(1) 「中山道」とその起点「日本橋」 私は一昨年「大山街道」を歩きました。それ以前には「日光・奥州街道」の一部も歩きました。今年は中山道を歩いてみようと思い、2017年1月12日「日本橋」から歩きはじめました。 下は、広重と渓斎英泉の合作の「木曽街道六十九次」の「日本橋雪の曙」です。いろいろな人が描かれ「お江戸」の賑わいを感じさせてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/01/23 11:07
(442)大山街道をホントに歩くN 渋谷駅(東京渋谷区)〜駒沢大学駅(世田谷区)
(442)大山街道をホントに歩くN 渋谷駅(東京渋谷区)〜駒沢大学駅(世田谷区) 2016年7月24日、東急田園都市線「渋谷」駅で下車して、大山街道を西に向かって歩きました。 前回の渡辺崋山の「游相日記」の続きでは「道玄坂で煙管(きせる)を買う。銅銭七十文であった。渋谷、目黒、用賀、瀬田などという辺は土が黒く、杉は黄色っぽく、稲の稔りはよい。江戸を出外れて無事に旅を続けること四里(約16キロ)にして渡しがあった。二子の渡しという。・・・・・・」と書かれています。 下地図は、明治13年の宮益坂・道玄坂・大阪付近の地図です。現在の渋谷とは別世界で、渡辺崋山の「游相日記」の世界... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/05 23:43
(438)大山街道をホントに歩くM 赤坂御門(東京都港区)〜渋谷(渋谷区)
(438)大山街道をホントに歩くM 赤坂御門(東京都港区)〜渋谷(渋谷区) 大山街道は、江戸中期以降、江戸庶民の大山詣(もうで)の道として盛んに利用された、江戸赤坂御門から、大山阿夫利神社に至る約70kmの街道です。私は昨年、「大山街道」の「鷺沼」から「大山阿夫利神社」までを歩き、江戸時代にこの街道を歩いた渡辺崋山の「游相日記」も引用しながら紹介しました。 今年は、まだ歩いていない大山街道の起点の「赤坂御門」から「鷺沼」までを順次歩いて紹介します。その前に、天保二年九月二十日、大山街道に旅立った渡辺崋山の「游相日記」の冒頭の部分を紹介します(下図)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/06/25 11:50
(421)大山街道をホントに歩く(補4) 大山講と大山信仰
(421)大山街道をホントに歩く(補4) 大山講と大山信仰 (1)「講」とは何か 「講」(講社とも言います)は、町・村などの地域や、同じ職業など、共通点を持った人たちで構成されています。講には様々な形態がありますが、「伊勢講」「大山講」「富士講」のような講では、講に属する人たちが、講に会費を納め、選ばれた数名がそのお金で代表としてお参りに行き、講の全員に御札などを持ち帰ります。これを毎年繰り返していれば、最終的には全員が伊勢・大山・富士などへ行くことができます。 メリットは、多数の人が費用を負担し合うことで、お金に余裕のない庶民でも旅に出られること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/14 20:16
(420)大山街道をホントに歩くL 阿夫利神社下社〜大山山頂(伊勢原市)
(420)大山街道をホントに歩くL 阿夫利神社下社〜大山山頂(伊勢原市) 2015年11月4日、いよいよ阿夫利神社下社から大山街道の最終目的地・大山山頂を目指しました。この日は、天気は快晴、紅葉も見頃でした。下図(クリックすると大きくります)はこの日のルートマップです。阿夫利神社下社から大山山頂へは、大山一の急階段といわれる「本坂」を登りました。本坂は一丁目から二十八丁目まで区切られていました。大きな自然石がごろごろ転がる急な石段を、息を切らせながら登って行きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/08 12:13
(419)大山街道をホントに歩くK 大山ケーブルバス停〜阿夫利神社下社 (伊勢原市)
(419)大山街道をホントに歩くK 大山ケーブルバス停〜阿夫利神社下社 (伊勢原市) 設備更新工事のため営業を休止していた大山ケーブルが、2015年10月1日から運行を再開いたしました。私の大山街道歩きも、今年の猛暑と長雨のため中休みしていましたが、10月22日再開しました。行きは大山ケーブルバス停から阿夫利神社下社まで歩いて登り、帰りはケーブルを利用して下山しました。下図はこの日のルートマップです。下社から頂上までは次回挑戦します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/01 14:03
(409)大山街道をホントに歩くJ バス停「道灌塚前」(伊勢原市)〜大山ケーブルバス停(伊勢原市)
(409)大山街道をホントに歩くJ バス停「道灌塚前」(伊勢原市)〜大山ケーブルバス停(伊勢原市) 大山街道歩きも、いよいよ大山が目前に迫ってきました。関東はすでに梅雨には入って、曇り空の2015年6月17日、前回ゴールのバス停「道灌塚前」から、大山ケーブルバス停まで歩きました。下はこの日のルートマップです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/24 23:34
(406)大山街道をホントに歩くI 愛甲石田駅(厚木市)〜バス停「道灌塚前」(伊勢原市)
(406)大山街道をホントに歩くI 愛甲石田駅(厚木市)〜バス停「道灌塚前」(伊勢原市) 2015年5月31日、厚木市の小田急線「愛甲石田駅」からスタートして、すぐに伊勢原市に入り、バス停「道灌塚前」まで歩きました。下はこの日のルートマップです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/07 16:33
(402)大山街道をホントに歩く(補3) 渡辺崋山と厚木六勝図
(402)大山街道をホントに歩く(補3) 渡辺崋山と厚木六勝図 渡辺崋山は、厚木宿の旅籠「万年屋」に滞在中に、厚木の著名人と交流を深めました。その間に「厚木六勝図」を描いていますが、それについて游相日記に次のように書いています。。(以下の「游相日記」は、涌田 佑著「平成校注 游相日記」の口語訳から抜粋しています) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/19 20:08
(401)大山街道をホントに歩くH 本厚木駅(厚木市)〜愛甲石田駅(厚木市)6.9km
(401)大山街道をホントに歩くH 本厚木駅(厚木市)〜愛甲石田駅(厚木市)6.9km 2015年5月14日、本厚木駅から愛甲石田駅まで歩きました。ルートマップは下の通りです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/18 23:08
(400)大山街道をホントに歩くG 海老名駅(海老名市)〜本厚木駅(厚木市)
(400)大山街道をホントに歩くG 海老名駅(海老名市)〜本厚木駅(厚木市) 2015年4月26日、海老名市の「海老名駅」をスタートし、相模川を越えて厚木市の「本厚木駅」まで歩きました。渡辺崋山もお銀さまと再会した後、その日の夕方川原口から渡し船で厚木入りしています。私も渡辺崋山の足跡をたどりながら歩きました。下はそのルートマップです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/29 09:32
(398)大山街道をホントに歩く(補2) 渡辺崋山とお銀さま
(398)大山街道をホントに歩く(補2) 渡辺崋山とお銀さま F「渡辺崋山ゆかりの道」の案内板に従い、大山街道を右にそれて南下しました。渡辺崋山は道中いろいろな人に、お銀さまの消息を尋ねながら旅しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/18 16:17
(397)大山街道をホントに歩くF さがみ野(海老名市)〜小園(綾瀬市)〜海老名駅(海老名市)7.0
(397)大山街道をホントに歩くF さがみ野(海老名市)〜小園(綾瀬市)〜海老名駅(海老名市)7.0 2015年4月12日、海老名市の相鉄線「さがみ野駅」から小田急線「海老名駅」まで歩きました。途中大山街道を離れ、渡辺崋山がお銀さまを尋ねて歩いた綾瀬市小園を訪れました。下地図はこの日のルートマップです。 「さがみ野駅」をスタートしてA「さがみ野駅入口」交差点から大山街道に入り、相鉄線のA「踏切」を渡って、大山街道を進みます。やがて下のB「大塚本町交差点」に着きます。ここは「大塚宿」があった所です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/18 11:22
(395)大山街道をホントに歩くE 下鶴間(大和市)〜さがみ野(海老名市)5.3km
(395)大山街道をホントに歩くE 下鶴間(大和市)〜さがみ野(海老名市)5.3km 2015年3月14日大山街道歩きの後半は、前半最後の@五貫目道祖神を見た後、国道246号を横切り、境川を渡って大和市下鶴間に入り、海老名市の相鉄線「さがみ野駅」までの5.3kmです。下はそのルートマップです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/20 20:35
(394)大山街道をホントに歩くD 長津田(横浜市緑区)〜鶴間(町田市)5.2km
(394)大山街道をホントに歩くD 長津田(横浜市緑区)〜鶴間(町田市)5.2km 2015年3月11日と14日の2日をかけて、横浜市緑区の長津田から町田市、大和市を経由して海老名市のさがみ野まで10.5kmを歩きました。まずそのうちの長津田から町田市鶴間までの5.2kmを紹介します。下はそのルートマップです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/18 12:26
(393)大山街道をホントに歩く(補1) 渡辺崋山と「游相日記」
(393)大山街道をホントに歩く(補1) 渡辺崋山と「游相日記」 「游相日記」は画家・思想家として名高い渡辺崋山が1831(天保2)年に書いた相模小旅行の絵入り紀行文です。 江戸時代のメインの五街道については、いろいろな人によってスケッチされ、また書物も刊行されていますが、脇街道であった大山街道について書かれたものは、この「游相日記」が唯一のもののようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/03/07 11:39
(392)大山街道をホントに歩くC 青葉台(横浜市青葉区)〜長津田(横浜市緑区)3.1km
(392)大山街道をホントに歩くC 青葉台(横浜市青葉区)〜長津田(横浜市緑区)3.1km 2015年2月28日、後半の大山街道歩きは「青葉台」から「長津田」までです。下はそのルートマップです。 この区間に相当する1906(明治39)年発行の地図は下の通りです。当時は長津田が中心の町になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2015/03/03 23:36
(391)大山街道をホントに歩くB 荏田(横浜市青葉区)〜青葉台(横浜市青葉区)4.8km
(391)大山街道をホントに歩くB 荏田(横浜市青葉区)〜青葉台(横浜市青葉区)4.8km 2015年2月28日、大山街道を荏田から長津田まで歩きましたが、まず荏田〜青葉台 4.8kmについて紹介します。下はそのルートマップです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/03/03 00:03
(390)大山街道をホントに歩くA 鷺沼(川崎市宮前区)〜荏田(えだ:横浜市青葉区)4.2km
(390)大山街道をホントに歩くA 鷺沼(川崎市宮前区)〜荏田(えだ:横浜市青葉区)4.2km まず2015年2月14日、自宅に近い鷺沼から荏田までの大山街道をホントに歩いてみました。 「鷺沼」という地名は、「サギが飛来する沼」から付けられ、小さな池がいくつもあったといわれています。また「荏田」は江戸を朝立ちした旅人が最初に泊まる宿場として発展してきました。1966年東急田園都市線「溝の口〜長津田」間が開通するまで荏田は長くこの地域の中心でした。下図はそのルートマップで、コースは4.2kmです。(クリックすると大きくなります) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/02/17 13:50
(389)大山街道をホントに歩く@ 大山街道と矢倉沢往還
(389)大山街道をホントに歩く@ 大山街道と矢倉沢往還 私がたまプラーザに住んで40年です。当時からこの地域を走る幹線道路は、「国道246号線」でした。当時の道路は片側1車線で狭く、舗装も悪く、渋滞が激しい道路でした。現在、整備はされていますが、いぜん交通量のはげしい幹線道路です。この道路は「厚木大山街道」とも呼ばれていますが、その名の通り「大山街道」をベースにした道路です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 16:53
(384)彦根城物語D 彦根城を取り巻く江戸時代の街道
(384)彦根城物語D 彦根城を取り巻く江戸時代の街道 徳川家康が、関ヶ原の合戦の後、井伊直政を彦根に移封したのは、ここに城を築いて豊臣家や西国大名を抑え込む拠点とするためでした。近江は、湖国といわれるとともに、古来、道の国でもありました。京の都へ続く天下の要所であり、「近江を制する者は天下を制す」とまで言われました。織田信長が安土に城を築いたのもこのためです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/25 15:34
(280)箱根のミステリー
(280)箱根のミステリー 下の浮世絵は、安藤広重の「東海道五十三次の内・箱根」です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/05/29 23:22
(279)箱根路のうつり変わり
(279)箱根路のうつり変わり 箱根旧街道ウオーキングの時の下の案内板(クリックすると大きくなります)を見つけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 20:33
(278)箱根旧街道(旧東海道)ウオーク(ウオーキング花MinM)
(278)箱根旧街道(旧東海道)ウオーク(ウオーキング花MinM) ウオーキング花Min5月のイベントとして「箱根旧街道」ウオークを企画し、2013年5月9日に担当者6名で下調べを行い、5月23日に参加者12名で本番を実施しました。コースマップは下図(クリックすると大きくなります)の通りです。下調べでは小田急で「箱根湯本」まで行き、そこからバスで下図の「@須雲川」まで行き「元箱根港」まで歩きましたが、本番ではコース短縮のため「A旧街道入口」からウオーキングを開始しました。 下写真は、本番でのウオーキング開始地点「県道732号湯本元箱根線」に面した「須雲川自然探... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/27 19:59
(213)日光・奥州街道、奥の細道B 小山(おやま)から宇都宮
(213)日光・奥州街道、奥の細道B 小山(おやま)から宇都宮 2012年5月16日、「日光・奥州街道、奥の細道バス旅行」の第三回は小山から宇都宮までです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/22 20:36
(207)日光・奥州街道、奥の細道A 幸手宿から間々田宿
(207)日光・奥州街道、奥の細道A 幸手宿から間々田宿 2012年4月18日、「日光・奥州街道と奥の細道バス旅行」の第二回は東京丸の内から参加しました。東京駅の改修工事は最終段階に入り、すでに工事のカバーが取り外されていて、その全容を見ることが出来ました(下写真)。建設当初のドーム屋根が復元されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/20 11:29
(195)日光・奥州街道、奥の細道@ 日本橋から杉戸宿
(195)日光・奥州街道、奥の細道@ 日本橋から杉戸宿 2012年3月21日、「日光・奥州街道と奥の細道バス旅行」の第1回(日本橋から杉戸宿まで)に参加ました。 (0)日本橋 日本橋は東京都中央区の日本橋川にかかる橋で、1603年に五街道の基点として架けられました。現在の石造りの橋は1911年に造られました。橋の中心に「日本国道路元標」があり、日本の道路網の始点となっています。また元標の真上には首都高速道路が走っていますが、その間の橋桁を挟んで、空中に「道路元標地点」の柱が立っています(下写真 クリックすると大きくなります)。 また、近くに「東... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/26 23:23
(194)日光・奥州街道と奥の細道バスの旅〜みちのくの史跡と、芭蕉の足跡を訪ねて〜
(194)日光・奥州街道と奥の細道バスの旅〜みちのくの史跡と、芭蕉の足跡を訪ねて〜 このたび、表題の「日光・奥州街道と奥の細道バスの旅〜みちのくの史跡と、芭蕉の足跡を訪ねて〜」(日本ファミリー旅行催行)を見つけました。このバスの旅行は、2年をかけて、日光街道と奥州街道の史跡をめぐりながら、芭蕉がたどった道も辿ろうとする企画です。 その初年度分の行程は次の図(以下の図表はすべてクリックすると大きくなります)のようになっています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/25 10:24
(134)アメリカ大陸横断B ルート66「旧国道66号線」(アリゾナ州)<付録>歌詞とメロディー
(134)アメリカ大陸横断B ルート66「旧国道66号線」(アリゾナ州)<付録>歌詞とメロディー 2007年4月9日、フーバーダムを遠望した後、予定の道路が通れないので迂回し、ブルヘッド・シティに来ました(下写真)。 ここには、フーバーダムから流れ出る水量豊かなコロラド川(下写真)が流れ、川岸にはホテルやカジノがありました。 その後、国道40号線を東に走りました(下写真)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/04 10:56

トップへ | みんなの「街道を歩く」ブログ

M YASUDAのブログ 街道を歩くのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる