(521)彦根城物語⑦ 彦根東高等学校応援歌と軍歌「歩兵の本領(歩兵の歌)」

かつて「(385)彦根城物語⑥ 城郭のなかにある彦根東高等学校」にて同校の応援歌を紹介しました。 この応援歌は、彦根東高等学校の前身旧制彦根中学を大正10年(1921年)に卒業された治部 藤吉氏が作詞された歌ですから、100年前から歌われている応援歌です。私たちも高校時代は勿論卒業してからも歌い続けてきました。 滋賀県立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(520)ブログ開設9周年

ブログを開設して9年が経過しました。この間に皆さまにご覧いただいた記事(ページビュー)の回数の多いもの50をリストアップします。 この9年間に掲載した記事は、今回を含め520回になりました。 このうち、閲覧の最も多かったのが2013/04/29掲載した「(276)認知機能検査とはどんなもの?」で、掲載から6年間で403,…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

(519)2019年たまプラーザとその周辺のサクラ

①たまプラーザ駅周辺 2015年11月「たまプラーザ駅前桜並木再生計画」が公表されました。その概要は整備の範囲をたまプラーザ駅前の東急百貨店前・イトーヨーカ堂前の広い通りを「ゾーンA」、交差点付を「ゾーンC」、その中間を「ゾーンB」に分けます。そして「ゾーンA」には、現在の「ソメイヨシノ」を再生し、「ゾーンC」には、枝が上向きに伸び幅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(518)横浜市営地下鉄沿線散歩② 「湘南台駅」とその周辺および慶應義塾湘南藤沢キャンパス

2019年4月2日、横浜市営地下鉄の「湘南台駅」まで行き、その先をバスで慶應義塾湘南藤沢キャンパスまで行き、散策しました。横浜市営地下鉄ブルーラインは横浜市青葉区の「あざみ野駅」と、藤沢市の「湘南台駅」を結んでいます。ブルーラインが「あざみ野駅」まで伸びたのが1993年(平成5年)3月、「湘南台駅」まで伸びたのは1999年(平成11年)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(517)半蔵門ミュージアム見学、靖国神社・千鳥ヶ淵の観桜(ウオーキン花Min)

2019年3月28日、ウオーキング花Minは、半蔵門ミュージアムを見学し、靖国神社と千鳥ヶ淵の桜を見て、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に行きました。さらに予定になかった皇居「三の丸尚蔵館」で行われている「御製・御歌でたどる両陛下の30年」展を見に行きました。 まず訪れた「半蔵門ミュージアム」は地下鉄「半蔵門駅」に直結し、真言密教系の新宗教「真如苑…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(516)旧伊藤博文金沢別邸、野島公園(横浜市金沢区)を訪ねる

2018年11月1日、横浜市金沢区にある、初代内閣総理大臣伊藤博文の「金沢別邸」を訪れました。京急「金沢八景駅」で、シーサイドラインに乗り換えました。シーサイドラインからは「平潟湾」が見下ろせました。かつて友人がここにヨットを係留しており、よく乗せてもらいました。 https://21432839.at.webry.info/2010…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(515)横須賀軍港、どぶ板通り、猿島、記念艦三笠をめぐる

2018年10月10日、6年ぶりに横須賀を訪れました。前回の横須賀訪問は私の下のブログに記載していますが、今回は「猿島」が加わっています。 https://21432839.at.webry.info/201108/article_8.html 横須賀には「アメリカ海軍横須賀基地」があり、2万人の人々が生活する街になっています。また…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(514)花Min 大山街道ウオーク① 鷺沼~荏田(えだ)宿

江戸時代「赤坂御門」から足柄峠手前の「矢倉沢関所」に到る「矢倉沢往還」と呼ばれる街道がありました。江戸時代中期以降、この街道を使って江戸庶民の「大山詣で」が盛んになり「大山街道」とも呼ばれるようになりました。この街道は下図のように、東海道と甲州街道の中間に位置する「脇街道」として重要な役割を果たしてきました。現在では、この街道をベースに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(513)詩吟レッスン「楓橋夜泊」

楓橋夜泊(ふうきょうやはく)                                          張 継 (作者) 張継(756年頃) 中唐の詩人、天宝12年(753年)の進士。張継は博覧多識で談論を好んだ。政事に明るく、かつて群を治めた時、佳政の誉が高かった。 その詩文は彫琢を施さなくても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(512)都筑区水と緑の散策K 都筑の原風景をめぐり、あじさい緑道を歩くコース

2018年6月7日、ウオーキング花Minは、「都筑区水と緑の散策K 都筑の原風景をめぐり、あじさい緑道を歩くコース」を歩きました。今回のメインは地下鉄「仲町台駅」から、南に広がる折本農業専用地域や、東方農業専用地域に残る「都筑区の原風景」をめぐり、東方農業専用地域の中を流れる大熊川沿いの約600mにあじさいが植えられた「あじさい緑道」の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(511)荒川堤へワシントンから里帰りした「五色桜」を見に行く(ウオーキング花Min)

かつて、荒川堤は「荒川の五色桜」と呼ばれた桜の名所でした。多くの品種が混植され、白、黄色、紅色など色とりどりで「五色桜」名づけられていました(下写真)。 現在アメリカの首都ワシントンのポトマック河畔は世界的な桜の名所ですが、この桜は1912年、当時の東京市長・尾崎行雄が日米友好の証として「荒川の五色桜」の苗木を贈ったものです。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(510)ブログ開設8周年

ブログを開設して8年が経過しました。この間に皆さまにご覧いただいた記事(ページビュー)の回数の多いもの50をリストアップしました。 この8年間に掲載した記事は、今回を含め509回になりました。 このうち、閲覧の最も多かったのが2013/04/29掲載した「(276)講習予備検査(認知機能検査)とはどんなもの?」で、5年間で284…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(509)大学同期会彦根開催② 二日目 湖東三山、龍潭寺、埋木舎 観光

二日目の5月15日(火)は、観光組と、ゴルフ組に分かれて行動しました。 観光組は13名で、マイクロバスをチャーターして「湖東三山+龍潭寺+埋木舎」観光です。 まず訪れたのは、湖東三山の一番南の「百済寺(ひゃくさいじ)」です。 琵琶湖の西「湖東地方」が歴史に登場したのは、古く飛鳥時代でした。当時、朝鮮半島では高句麗、百済、新羅が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(508)大学同期会彦根開催① 一日目 彦根城観光と懇親会

前回の京大農学部農林経済学科(1960年入学)同期会は2016年11月「浜名湖」で行われ、観光組は大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台となった「井伊谷」を訪れました。 http://21432839.at.webry.info/201612/article_1.html この時、私が前々回に続きまた幹事に指名されました。 今回の開催…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(507)横浜市都筑区水と緑の散策E 山田富士とふるさとの歴史にふれるコース

ウオーキング花Minは、2017年11月30日、「都筑区水と緑の散策E 山田富士とふるさとの歴史にふれるコース」を歩きました。今回のメインは「山田富士」の登頂です。山田富士は、北山田の山田富士公園内にある富士塚で、富士信仰の山として築かれました。富士山に似せて造られていて、頂上に登ると噴火口があり、お鉢まわりが出来るようになっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(506)驚神社(おどろきじんじゃ)例大祭御渡りと牛込獅子舞

2017年10月8日、地域のお祭りの「驚神社例大祭」の御渡りと、驚神社で行われる横浜市指定無形民俗文化財「牛込獅子舞」を見てきました。 御渡りは、午前11時、保木、平川、荏子田、船頭、宮元の各宮が、「堂前(さどや前)」に集合します。そして12時に「保木太鼓」を船頭役とし、祭り囃子とともに奉納行列が「驚神社」に向かいます。下は「御渡りル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(505)「日光東照宮大復活祭」日帰りバスツアー(ウオーキング花Min)

日光東照宮は、現在「平成の大修理」が平成36年までの予定で続けられています。中でも人気のある「陽明門」「三猿」「眠り猫」がこの度、最先端の技術と熟練の技によって大修理を終えて復活しました。ウオーキング花Minは、2017年9月23日、復活したこれらを見に行くトラピックスの「日光東照宮大復活祭」日帰りバスツアーに参加しました。ツアーでは「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(504)優雅なイタリア物語③ ヴェローナ市内観光

2006年5月24日、当初予定されていた「最後の晩餐」の見学チケットが取れていなかったので、午後は急遽「ヴェローナ市内観光」に変更されました。 「ヴェローナ」はミラノから東に約160kmの蛇行するアディジェ川のほとりに、ローマ帝国の植民地として築かれました。13~14世紀にはスカリジェリ家(デッラ・スカラ家)の領地として発展し、ヴェネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(503)優雅なイタリア物語② ミラノ市内観光Ⅰ

2006年5月24日、イタリア物語は「ミラノ市内観光」からです。 紀元前222年にロンバルディア平原に町を築いたローマ人は、それまでのケルト語の地名を訳して「メディオラヌス」と命名し、後に「ミラノ」と改名しました。 313年、コンスタンティヌス帝が、ミラノでキリスト教を公認する「ミラノ勅令」を交付しました。当時ミラノはローマ帝国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(502)優雅なイタリア物語12日間① その日程

退職して最初の海外旅行が、妻と一緒に行った2005年5月の「パリとフランスの世界遺産を訪ねる8日間」でした。このツアーから帰国してすぐに、単独で三蔵法師玄奘がインドへの求法の通った道を求めて「大シルクロード天山南路走破13日間」のツアーに参加しました。それから1年おいて、世界史で習った「ローマ帝国」の跡を見ようとして、2006年5月「優…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(501)パリとフランスの世界遺産を訪ねる⑧ 駆け巡りパリ半日市内観光

2005年5月22日、今回のツアーの最終日です。午前の自由時間にパリ半日市内観光に出かけました。下はツアーマップです。 パリを横切ってセーヌ川が流れ、セーヌ川を境に北(リブ・ドロワ)と南(リブ・ゴーシュ)に分けられています。パリの中心はセーヌ川にシテ島とサンルイ島あたりで、パリの発祥地でもあります。また、パリは東京に比べるととても小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(500)パリとフランスの世界遺産を訪ねる⑦ モネの愛した「ジヴェルニーの庭園」

2005年5月21日は、終日自由行動でしたので、モネの愛した庭として有名なノルマンディーの「ジヴェルニーの庭園」を訪れました。 クロード・モネは43歳からちょうど生涯の半分をこの庭とアトリエのある邸宅で過ごし、創作以外のほとんどの時間を庭仕事にあてていたといいます。創造力のままに一生をかけて改良を重ね、一瞬たりともこの庭への慈しみを手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(499)パリとフランスの世界遺産を訪ねる⑥ フランスの栄華を物語るベルサイユ宮殿

2005年5月20日朝、ルーアンを出発してベルサイユ宮殿に向かいました。 ベルサイユに最初に庭付きの「狩りの館」を建てたのはルイ13世でした(1624年)。その後ベルサイユの造営に本格的の取り組み、その規模を拡大したのは太陽王「ルイ14世」です。そしてベルサイユは、1682年から1789年まで絶対王政の中心地となりました。下図はピエー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(498)パリとフランスの世界遺産を訪ねる⑤ ジャンヌ・ダルクが火刑に処せられたルーアン

2005年5月19日朝、モンサンミシェルを出発して、午後にルーアンに着きました。ルーアンはかつて、ノルマンディー公国の首都であって、水運の拠点として発展した街です。16世紀に作られたルネサンス様式の大時計、ノートル・ダム大聖堂は街のシンボルです。 また1431年にジャンヌ・ダルクが火刑に処せられた街としても知られています。ルーアンに入っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(496)パリとフランスの世界遺産を訪ねる③ ブルターニュ地方の古都フジェール

2005年5月18日、トゥールを出発して、モンサンミッシェルに向かう途中、ブルターニュ地方の古都フジェールに立ち寄りました。 ブルターニュ地方は、かつては独立した王国でした。フジェールには、ブルターニュ王国の玄関口としてヨーロッパ最大の規模と堅固さを誇る城塞が築かれ、イギリス、フランスの侵略から守っていました。1532年、ブルター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(497)パリとフランスの世界遺産を訪ねる④ 海に浮かぶ世界遺産・モンサンミシェル修道院

2005年5月18日、ブルターニュ地方の古都「フジェール」での昼食の後、モンサンミシェルに向かいました。ここには海に浮かぶ世界遺産「モンサンミシェル修道院」があます。 708年、司教オベールの夢に、大天使ミカエルが現れ、当時陸続きだった岩山に「礼拝堂を建立せよ」とのお告げがありました。オベールがお告げに従うと、岩山は一夜にして海に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(495)パリとフランスの世界遺産を訪ねる② 世界遺産フランスの庭・ロワール渓谷の古城めぐり

2005年5月17日、フランスの世界遺産めぐりの第一日目は、ロワール渓谷の古城めぐりです。フランス中部を流れ大西洋にそそぐ全長1020kmのロワール川流域は豊饒で、16世紀に王侯貴族が建てた城館が多く残っているので「フランスの庭」とも呼ばれています。世界遺産登録には、シュリー・シャル・ロワールからシャロンヌまでの200kmでの数多くの古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(494)パリとフランスの世界遺産を訪ねる8日間① 日程とシベリア上空

2005年5月16日から23日までの8日間、ANAハローツアー「パリとフランスの世界遺産を訪ねる8日間」に出かけました。この旅行は私が退職してから、妻と一緒に出掛けた最初の海外旅行でした。フランスでのルートマップおよび日程は下の通りです。 5月16日(月)成田→パリ→シャンティ 5月17日(火)シャンティ→ロワール渓谷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(493)摩訶不思議 一生に一度は目にしたい絶景5景めぐり(ウオーキング花Min)

2017年7月9日、ウオーキング花Minは、トラピックの「魔訶不思議 一生に一度は目にしたい絶景5景めぐり」のバス旅行に参加しました。絶景5景は、下の地図にある   ①アニメ映画のモチーフになった「江川海岸」   ②断崖絶壁に立つ「崖観音」   ③歩いて渡れる無人島「沖の島」   ④まるで絵画!美しすぎる「濃溝の滝」   ⑤二…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(492)中山道をホントに歩く(7) 浦和宿~大宮宿(埼玉県さいたま市)

2017年6月23日、前回の終点だったJR京浜東北線「北浦和駅」で下車し、中山道を北上して、さいたま副都心を経由して、大宮宿まで歩きました。下図は、浮世絵に描かれた「大宮宿富士遠景」の図です。 大宮宿の名前は、氷川神社が「武蔵国の一の宮」と呼ばれていたことから「大宮」と呼ばれるようになったといわれ、古くは「門前町」でした。天保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(491)詩吟レッスン2017年6月16日 兵児の謡

兵児の謡                            末松 青萍 戦いに勝てば官軍として一世に賞揚され、負ければ賊軍として侮蔑され、後々まで汚名を残す。いやしくも男児たるもの、率先してただ一途に剣難を越え、困難に勝たなければならない。急ぎ鹿児島を出発したのは夜明けであったが、夕刻には雄叫びをあげて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(490)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップマッチ」(最終戦)

「第35回アメリカズカップマッチ」(35th America’s Cup Match)が、2017年6月17日、防衛艇「オラクルチームUSA」vs挑戦艇「エミレーツ・チームニュージーランド」により始まりました。期間は6月17日、18日、24日~27日が予定されていますが、7勝先勝で雌雄が決します。下写真は大西洋上の英領バミューダに作られ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(489)映画音楽を英語で歌ってみよう 「慕情」、「ゴッドファーザー」、「アラモ」、「シェーン」

懐かしい映画音楽を動画と英語の歌詞を掲載します。英語で歌ってみましょう。 Love Is A Many Splendored Thing - Trailer with Andy Williams 慕情 rosen88kavalierさん 2015/06/25 に公開 "Love Is A Many Splendore…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(488)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップ」入門

「アメリカズカップ」は、世界最古といわれるスポーツトロフィー「アメリカズカップ」を巡って争われる世界最高峰の国際ヨットレースです。 始まりはロンドン万国博覧会(1851年)の記念行事として行われたヨットレースで、アメリカのヨット「アメリカ号」が優勝し、ビクトリア女王から下賜された銀製のカップを持ち帰りました。凱旋帰国した「アメリカ号」…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(487)詩吟レッスン2017年5月19日 青葉の笛、獄中の作

青葉の笛                                     松口月城 一の谷の合戦で、平家の軍勢は源氏に押されて、結局支えきれずに敗走するに至った。その哀れな末路は、聞く人を悲しませずにはおかない。この争いも、源氏の勝利に終わってみれば、明け方には残月がかかっていて平家の陣営のほうから聞こえてくる笛の音が、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(486)足立区「都市農業公園」のワシントンから里帰りした五色桜

かつて、東京市長・尾崎行雄が日米友好の証として「荒川堤の五色桜」の苗木12品種3,000本を、アメリカの首都ワシントンに贈ったのは、105年前の1912年です。現在首都ワシントンのポトマック公園の桜は世界的な名所になっています。 http://21432839.at.webry.info/201110/article_9.html …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(485)ブログ開設7周年

ブログを開設して7年が経過しました。この間に皆さまにご覧いただいた記事(ページビュー)の回数の多いもの50をリストアップしました。 この7年間に掲載した記事は、今回を含め485回になりました。 このうち、閲覧の最も多かったのが2013/04/29掲載した「(276)講習予備検査(認知機能検査)とはどんなもの?」で、4年間…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(484)中山道をホントに歩く(6) 蕨宿(埼玉県蕨市)~浦和宿(埼玉県さいたま市)

2017年4月25日、JR京浜東北線「蕨駅」で下車し、前回の終点の蕨宿から、中山道を北上して浦和宿を通過し、JR京浜東北線「北浦和駅」まで歩きました。下図は、浮世絵の描かれた「浦和宿浅間山遠望」の図です。 現在の浦和は東京に近いこともあって大都市として発展していますが、天保14年の記録では本陣1、脇本陣3、旅籠屋15軒で、埼玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(483)たまプラーザ駅前桜並木再生計画④ 2017年春の開花状況

たまプラーザ駅前桜並木再生計画の2017年の再生作業状況については、下記ブログで紹介した通りです。 http://21432839.at.webry.info/201703/article_2.html 4月になって、今年は例年より遅れましたが、たまプラーザのサクラはいつもの通り咲き揃いました。これまで植えられていたサクラと、再生計…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(482)横浜市と川崎市の市境を歩く④ 横浜市青葉区と川崎市宮前区から麻生区の市境

2012年秋、横浜市と川崎市の市境を、3回にわけて川崎市の「菅生公園」を振り出しに日吉の慶応義塾大学理工学部まで歩きました。 私は2017年になって、早朝1時間ほど歩くことにしています。4月15日~17日、3日間に分けて、菅生公園の隣の「水沢の森」から「虹ヶ丘団地」まで、歩きましたので紹介します。 小田急バスで「美しが丘3丁目」…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

(481)横浜市都筑区水と緑の散策M 折本農地から江川せせらぎ緑道を楽しむコース

ウオーキング花Minは、2017年4月6日、「都筑区水と緑の散策M 折本農地からの展望と江川せせらぎ緑道を楽しむコース」を歩きました。今回のメインは「江川せせらぎ緑道のサクラ鑑賞です。江川は、もとは東方町と川向町の境を流れる農業用水でした。都市化が進み、農業用水の役目を終えて荒廃していたところを、都築水再生センターの高度処理水を流して整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(480)詩吟レッスン2017年3月17日 将に東遊せんとして壁に題す、事に感ず

将に東遊せんとして壁に題す                    釈 月性 ひとたび男子が志を立てて故郷を出た以上は、学業が成るまでは死んでも再びもどらない決心である。骨を埋めるのにどうして故郷の墓所をば、期待しようか。世間どこえ行っても青々とした山の墓地があるのである。 事に感ず      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(479)花と緑のみどころ「元石川・花桃の丘」をとりまく環境の変化

毎年たまプラーザ住民の目を楽しませてくれている「元石川・花桃の丘」も、世代交代のためか、このところ少しずつ変化しているように感じられます。今満開の花桃の丘を、今年も2017年3月18日、訪れましたので、紹介します。下は「花桃の丘」周辺の地図です。 「保木入り口」でバスを降りると、花桃の丘に向かう道の右側に①の「共生の和 甦る大地」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(478)たまプラーザ駅前桜並木再生計画③ 2017年春の再生作業

たまプラーザ駅前桜並木再生計画にそって、今年も作業が進められています。 計画の概要は、まず駅前の桜並木を三つの区画①たまプラーザ駅前の東急百貨店前・イトーヨーカ堂前の広い通り、②そこから鷺沼に向かう道、③途中美しが丘二丁目三差路から美しが丘公園に向かう道にわけます。そしてこれらの区画の中を三つのゾーンに分け、ゾーン別に次のサクラを再生…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(477)中山道をホントに歩く(5) 戸田川渡船場跡(東京都板橋区)~蕨宿(埼玉県蕨市)

2017年2月28日、JR埼京線「浮間舟渡駅」で下車し、中山道を荒川を渡り、蕨宿まで歩きました。下は浮世絵に描かれた「蕨の駅 戸田川渡」です。 板橋と蕨の中間を流れていたのが「戸田川」(現荒川)です。勿論「江戸防衛」のため舟渡しになっていました。戸田川は江戸を出発すると最初の大河であり、多くの旅人が緊張した場所でもありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(476)吟道精修流 初吟会 2017 春日家に還る、汪倫に贈る、熊本城、春を探る

吟道精修流 初吟会(新年会)が1月15日(日)行われました。この時の先生方の迫力ある詩吟を掲載します。 春日家に還る                   正岡子規作                              <吟>宗嗣 梶原麗修先生 汪倫に贈る                  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(475)詩吟レッスン 2017年2月17日 冑山の歌

冑山の歌                頼 山陽 北に見える冑山は、自分を送り、また迎えてくれる。いったい、何回往復したであろうか。静かに目を閉じて数えてみれば十度ほどになる。自然の姿は依然として昔のままだが、私は衰えを感じる歳になってしまった。髭もめっきり白くなった。故郷の母上はなおさらである。来年もまた、私はこの道を下がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(474)詩吟レッスン 2017年1月20日 春を探る、独柳

春を探る                   戴 益 一日中、春はどこかと尋ね歩いたが、春景色にはあわなかった。あかざの杖をついて幾重にも重なる雲を見ながら歩きつくした。帰ってから、ちょっと庭の梢を折って見ると、春の気配はこずえの先にふくらんでおり、もう十分に感じとることができた。 独 柳    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(473)横浜市青葉区美しが丘(たまプラーザ)から見える富士山

横浜市青葉区美しが丘(通称 たまプラーザ)からは、天気の良い時、西の方角に丹沢の山々の向こうに、富士山見えます。特に空気の澄む季の早朝は綺麗に見えますので紹介します。下の地図は写真を撮ったビューポイントです。 下はポイント①山内公園から撮った写真で、NTTの鉄塔と富士山が見えます。 美しが丘4丁目は全体に西斜面で早渕川に向かって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(472)中山道をホントに歩く(4) 板橋宿(板橋区)~舟渡の板碑群(板橋区)

2017年2月2日、JR埼京線「板橋駅」で下車し、中山道が埼京線と交わる「踏切①」からウオーキングを開始し、「板橋宿」を通過して、荒川の手前「舟渡」まで歩きました。 下は浮世絵に描かれた「板橋宿」です。板橋宿は作られた当初は江戸から近いことが災いし、先を急ぐ人は素通りし、江戸を目指す人はあともう少しと通過してしまって、宿泊客が少なく困…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more