M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (342)旧万世橋駅跡に「マーチエキュート神田万世橋」がオープン

<<   作成日時 : 2014/08/10 12:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「万世橋」といえば、今では「肉の万世」が知られています(下写真)。
画像

しかし、かつて万世橋の近くには「万世橋駅」がありました(下写真)。
画像

この駅舎は、中央線の起点として1912年(明治45年)東京駅と同じ辰野金吾の設計により赤煉瓦造りで建設されました。しかし1919年(大正8年)万世橋−東京間が開通し中央線の起終点としての役目は7年で終わってしまいました。駅舎は1923年(大正12年)関東大震災で焼失し、その後簡素な駅舎が再建されましたが、近くに神田駅及び秋葉原駅が出来たため、1943年(昭和18年)万世橋駅は廃止となり駅舎は取り壊されました。
2013年9月この駅舎跡をリニューアルして、JR東日本のオシャレ系商業施設「マーチエキュート神田万世橋」がオープンしました。

2014年7月31日ここを訪れました。下写真は神田川にかかる万世橋から見た「マーチエキュート神田万世橋」の外観です。赤レンガ造りの建物の上には中央線が走っています。
画像

万世橋の袂の入口から入りました。
画像

中には雑貨、ファッション、飲食などのショップ、イベントスペース、ライブラリーなどありました。
画像

画像

駅舎のジオラマがありました。下は神田川に沿った駅ホームと駅舎です。これは線路から見て、開業当時の中央線の起点であった頃と思われます。
画像

ここで購入した万世橋駅開業記念絵葉書(祝賀花電車とプラットホーム)は同じ方向から撮っています。
画像

下写真は、同じジオラマを駅前広場から撮ったものです。
画像

万世橋駅開業記念絵葉書(駅前の盛況)も同じ方向から撮っています。
画像

階段を登り、2階に上がってみました。
画像

2階は旧万世橋駅のホームを利用した「展望カフェデッキ」となっていて、行きかう中央線の列車を窓越しに見ることが出来ます。
画像

外に出るとガード脇のスペースはビヤガーデンになっていました。
画像

下写真は、「昌平橋」から、万世橋方向をみた「マーチエキュート神田万世橋」です。
画像

ここから線路に沿って神田駅まで歩きました。ガード下がいろいろな形で利用されていました。まず「倉庫」です・
画像

「駐車場」としても利用されていました。
画像

しゃれた「事務所」にも利用されていました。
画像

そしてガード下の「神田駅」に到着しました。
画像


「マーチエキュウート神田万世橋」の周辺の地図およびフロアーマップを記載します(クリックすると大きくなります)。

画像

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(470)中山道をホントに歩く(2) 日本橋(東京都中央区)〜本郷弥生(文京区)
2017年1月12日、日本橋周辺を見た後、中山道を北に向かって歩き始めました。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/01/24 17:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(342)旧万世橋駅跡に「マーチエキュート神田万世橋」がオープン M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる