M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (446)映画「青い山脈」の系譜D 1949年 映画「青い山脈」オリジナル版に出演した俳優たち

<<   作成日時 : 2016/08/17 23:10   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

木暮美千代(1918年1月31日-1990年6月13日)
校医の沼田医師に好意を寄せる年増の芸者・梅太郎役。下写真は理事会に出席した時。

画像

小説では、沼田に島崎雪子の印象を聞かれた梅太郎の答えは、
「そうねえ。貴方にはもったいないぐらい・・・・。私たちは逆立ちしても出せないはつらつとした、きれいなお色気があって、いい娘さんだわ。あの人にきらわれるようだと、貴方はよっぽどのやぶ医者だと思うわ・・・・」
「私あね。考えたんだよ、先生・・・・」
「これから素人のご婦人たちも、おいおい、ああしたお色気を遠慮なくふりまけるようになるだろうし、そうなったら私たちの商売はあがったりだね。・・・・・」
小説の作者(石坂洋二郎)は延々と、これからに時代の女性の社会的地位(男女同権)についての考え方を芸者に語らせています。

女優・木暮美千代は、妖艶な「ヴァンプ女優」として有名。また、女優としての成功だけでなく、実業家、社会事業家としても活躍しました。


原 節子(1920年6月17日- 2015年9月5日)
都会から地方都市に赴任してきた英語教師・島崎雪子役。

画像

「永遠の処女」といわれた戦前から活躍された大女優。
昭和37年42歳で映画界から引退。以後、鎌倉に隠遁、2015年逝


杉 葉子(1928年10月28日東京生 )
彼女の演じた女学校生・寺沢新子は思ったことを素直に口にし、同級生の中傷にもめげない明るい性格は、戦後の民主主義の青春を高らかに体現しました。昭和24年当時この映画での彼女の水着姿は世をビックリさせました。

女優・杉 葉子さんはアメリカ人と結婚し、現在はロサンゼルス在住(下写真)。

画像

アメリカにおいて日本文化の紹介と日本文化交流に力を尽くし、数々の実績は高く評価されています。ロスアンゼルス東京会副会長、NPO法人日本映画映像文化振興センター顧問、お手玉の会(本部・松山)顧問なども歴任。
平成17年度文化庁文化交流使(現地滞在者型)に任命されました。
http://culturalenvoy.jp/envoys/envoy_genchi/h1711.html

2009年日米文化会館で行われた「活動写真2009」での杉葉子さんの対談を掲載します。この中の後半部分で「青い山脈」での思い出が語られています。
杉葉子インタビュー パート1 活動写真2009
jatvnewsさん
2009/12/21 にアップロード



若山 セツ子(1929年6月7日-1985年5月9日)
寺沢新子の友人で、島崎雪子のスパイを自認する笹井和子役。校医の沼田を好きな小暮実千代演じる年増の芸者梅太郎の妹。下写真は、沼田と島崎と彼女の密談中に、他の女教師が入って来たため、あわてて沼田の診察を受けている振りをしているところ。

画像

女優・若山セツ子は、明るく庶民的で生活感のある役の女優でしたが、1985年、入院中に自ら命を断ちました。


龍崎一郎(1912年2月20日-1988年6月28日)
女教師・島崎雪子に好意を寄せる校医・沼田正雄役(上写真の校医)
この映画の主人公は寺沢新子と金谷六助のようですが、映画を見た後に残る印象は、副主人公の沼田と雪子のほうが濃厚です。


池辺 良(1918年2月11日-2010年10月8日)
1942年陸軍に召集され、中国山東省に派遣されましたが、立教大学卒のため、見習士官を経て陸軍少尉に任官(終戦の時は中尉)。

画像

終戦後、『青い山脈』では当時30代だったにもかかわらず、旧制高校の生徒に役をさわやかに演じました。


伊豆 肇(1917年7月6日-2005年)
北京大学卒業。1947年、第1期東宝ニューフェイスとして東宝に入社。同期には三船敏郎ほか。
「青い山脈」では、金谷六助の友人のガンちゃんこと富永安吉役。PTA理事会では、哲学的なことを言って出席理事を煙に巻きました。

画像

上写真は映画の最後の場面で、沼田が雪子にプロポーズし雪子がこれを受けた後、富永安吉は笹井和子と海岸を歩きながら、
「――――かかる故に人は父母を離れ、その妻に合いて、二人のもの一体となるべし。はや、二人にあらず、一体なり。この故に神の合わせ給いしものは人これを話すべからず――――」といっているところです。


以上、7人の俳優のうち、現在もお元気なのは寺沢新子を演じた杉葉子さんだけだと分かりました。彼女はアメリカ在住で、現在も日米文化交流に活躍されています。杉葉子さんが今後もお元気で、活躍されることを祈りながら「青い山脈」シリーズを終わります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(443)映画「青い山脈」の系譜A 小説「青い山脈」と映画1949年「青い山脈」オリジナル版
石坂洋二郎の小説「青い山脈」は、終戦からまだ2年しかたっていない1947年(昭和22年)、新聞に発表されるや、戦後の混乱した世相に健康で明朗な新風をもたらしてベスト・セラーの先がけをなしたといわれています。この時、私は6 歳で保育園の年長組に通っていました。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/09/21 23:26
(454)原節子の魅力と主演映画「青い山脈」「晩春」「麦秋」「東京物語」「白痴」など
女優「原節子」(本名:会田昌江)さんは、1920(大正9)年6月17日、横浜市保土ヶ谷区の生まれで、1935年4月(15歳)、日活多摩川撮影所に入社。1937年東宝映画移籍し、太平洋戦争中は、戦意高揚映画に数多く出演しています。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2016/09/22 16:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(446)映画「青い山脈」の系譜D 1949年 映画「青い山脈」オリジナル版に出演した俳優たち M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる