M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (471)中山道をホントに歩く(3) 追分一里塚跡(東京都文京区)〜JR板橋駅(板橋区)

<<   作成日時 : 2017/01/27 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017年1月25日、前回終えた「追分一里塚跡」からスタートして、中山道を「JR板橋駅」まで歩きました。東京メトロ南北線を「東大前」で降り、地上に上がると「@東大農学部」です。下はその正門です。
画像

下図はこの日のルートマップです。
画像

「@東大農学部」の道路を隔てた向こうに「A高崎屋」が見えました。この店の横に前回紹介した「追分一里塚跡」の碑があります。
画像

高崎屋の横の「本郷追分」から中山道に入りました。間もなく鈴ヶ森で火あぶりの刑で処刑された「八百屋お七」の墓がある「B円乗寺」に着きました。
画像

道路の向かいには、お七を供養する「ほうろく地蔵」がある「C大円寺」がありました。
画像

「白山上」交差点から中山道を外れ「D白山神社」に寄りました。加賀一宮白山神社を勧請し、歴代将軍の信仰が篤かった神社です。下はその鳥居です。
画像

白山神社の本殿です。
画像

中山道に戻ると「E東洋大学」がありました。
画像

中山道(白山通り)を進み、「FJR巣鴨駅」を過ぎると、線路わきに桜並木があり「G染井吉野碑」がありました。
画像

すぐに「H真性寺」があり、江戸六地蔵の一つ銅像地蔵菩薩像がありました。
画像

また、芭蕉の句碑「白露も こぼれぬ萩の うねりかな」がありました。
画像

中山道はここから白山通りを離れ、おばあちゃんの原宿といわれる「地蔵通り」に入っていきます。
画像

間もなく「とげぬき地蔵」で有名な「I高岩寺」がありました。
画像

自身の患部と同じ個所を洗うと御利益があるという「洗い観音」がありました。
画像

建物の狭い隙間に「J庚申塚」がありました。祭神の猿田彦大神にちなんで、狛犬の代わりに猿神が左右に祭ってありました。
画像

近くに「K都電荒川線庚申塚駅」がありました。
画像

近くの行き倒れの人馬を供養する「L延命地蔵尊」は、空襲の被害を受けて傷んでいました。
画像

中山道に面して「M大正大学鴨台観音堂」がありました。
画像

明治通りを横切ると、中山道は「滝野川銀座商店街」に入っていきます。金色の「亀の子束子西尾商店」の看板がある、古風な建物がありました。
画像

JR埼京線の踏切の手前が、江戸日本橋より二里目の「O平尾の一里塚」があったと推定されるところです。
画像
近くに「P近藤勇墓所」がありました。近藤勇は「平尾の一里塚」付近の刑場で斬首され、首級は京に送られ、胴体がここに埋葬されました。この日のウオークはここまでとして、「QJR板橋駅」から帰宅しました。
画像

<<八百屋お七>>余話
駒込片町の八百屋の娘「お七」は、天和の大火(1682年)で、家が焼け、菩提寺の円乗寺に避難。そこで寺の小姓吉三郎と恋仲になった。再建された家に戻ってからも吉三郎に会いたい一心で、家が火事になれば再び会えると、火付けをしてしまった。
<<ほうろく地蔵>>
お七の罪業を救うために、熱した焙烙(ほうろく)を頭に被り、自ら焦熱の苦しみを受けている。首から上の病に霊験あらたかといいわれている。

とげぬき地蔵、大正大学鴨台観音堂、染井霊園などは、下に書いてります。
http://21432839.at.webry.info/201407/article_1.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(341)とげぬき地蔵尊・染井霊園・大正大学すがも鴨台観音堂
2014年7月17日、東京都豊島区巣鴨を散策し、とげぬき地蔵尊、染井霊園、大正大学すがも鴨台観音堂(別名「巣鴨ざざえ堂」)などを見てきました。巣鴨周辺の地図は下の通りです(クリックすると大きくなります)。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/01/27 15:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(471)中山道をホントに歩く(3) 追分一里塚跡(東京都文京区)〜JR板橋駅(板橋区) M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる