M YASUDAのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (488)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップ」入門

<<   作成日時 : 2017/06/15 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

「アメリカズカップ」は、世界最古といわれるスポーツトロフィー「アメリカズカップ」を巡って争われる世界最高峰の国際ヨットレースです。
始まりはロンドン万国博覧会(1851年)の記念行事として行われたヨットレースで、アメリカのヨット「アメリカ号」が優勝し、ビクトリア女王から下賜された銀製のカップを持ち帰りました。凱旋帰国した「アメリカ号」のスタッフは、その銀杯をニューヨーク・ヨットクラブに寄贈し、「この銀杯を持つものは、全ての挑戦を受けねばならない」とし、1870年に「第1回アメリカズカップ」が開催されました。これが現在まで150年以上続く、アメリカズカップの始まりです。下はその時のヨットのイラストです。
画像

第一回以降「アメリカズカップ」は、前回大会優勝のヨットクラブのチーム(防衛艇)と挑戦するヨットクラブのチーム(挑戦艇)による1対1のマッチレース形式で行われています。防衛艇への挑戦には、複数のチームが名乗りを上げるのが通例で、挑戦者の代表を決める予選が行われ、予選を勝ち抜いて挑戦艇の代表となったチームには、トロフィー「ルイ・ヴィトン カップ」が贈られています。

第35回 アメリカズカップ(2017年6月)の防衛艇はアメリカの「オラクル・チーム・USA」です。挑戦者の代表を決める予選として、2015年7月から世界各地をツアーのように回る「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」が開催されました。

2017年6月、英領バミューダで、アメリカズカップ・チャレンジャーシリーズが行われ、エミレーツ・チームニュージーランドが、挑戦者に決まりました。オラクルチームUSAとのアメリカズカップ・マッチは、6月17日からはじまります
下で、YouTube から得た、ソフトバンク・チームジャパン、およびエミレーツ・チームニュージーランドの戦いぶりを見てみましょう。海のF1、空飛ぶ船ともいわれる最新技術のヨットを見てください。

9th June: 35th America's Cup Race Round-Up
Anerica’s cupさん
2017/06/09 に公開


Emirates Team New Zealand hit 100%
Anerica’s cupさん
2017/06/04 に公開

上の動画に出ているように、現在の競技用ヨットはデフェンディングチャンピオンである「オラクル・チームUSA」が開発したAC72という双胴船です。
画像

ヨットは、海面より浮き上がり50ノット(時速約92km)で帆走可能です。今回はその秘密に迫ってみます。下はヨットのイラストです。
画像

マストの高さは131フィート(約40メートル)あり、そのセール(帆)の大きさはボーイング747の主翼(約35メートル)以上あります。またその構造はこれまでの1枚の布ではではなく、下図のように中に翼断面のフレームを持つ翼構造(ウイングセール)になっています。
画像

ウイングセールは、下図のように、風を受けるだけではなく、飛行機の揚力と同じようにウイングとフラップを通して風を流すことにより、そこに発生するモーメントを推進力に変換し、実際に吹いている風速の3倍のスピードでの帆走が可能に乗りました。
画像

さらに、船体の水中の摩擦抵抗を低くするため、船艇に「ダガーボード」といわれる角度を可変させる水中翼が取り付けられていて、水流による揚力で船体を水上に持ち上げて、摩擦抵抗を小さくして帆走します。
画像

下は浮き上がた時の写真で、両側はラダー(舵)、ダガーボードは左が水中、右は浮き上がった状態です。
画像

海上を時速92kmで激走する巨船は、もはや人間の力だけでは制御不可能です。そこで船体各所に約1,000のセンサーが装着さされていて、風圧、風向、マストやセールのかかる圧力など、さまざまな得られるデータを検出・分析して帆走しています。下写真は防衛艇の「オラクル・チーム・USA」のヨットです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(58)ヨットはどうして進むのでしょうか? その1
勿論ヨットは風によって進みます。 追い風の時は風に押されて進みますが、追い風ばかりが吹いているわけではありません。ヨットは風に向かっても進みます。どうして風に向かって進むことが出来るのでしょうか? この疑問を少し考えてみたいと思います。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/06/15 17:39
(70)ヨットはどうして進むのでしょうか? その2
私のブログ「(58)ヨットはどうして進むのでしょうか?」 http://21432839.at.webry.info/201010/article_1.html でヨットが進む力について解説しましたが、その時に風に向かってすすむ技術の「タッキング」について、もう少し勉強してから解説することにしていました。 12月20日、真冬にもかかわらず、ポカポカ陽気の温かい日、軽いセーリングをして、実際に舵を持たせてもらって、「タッキング」を体験してきましたので報告します。 タッキングの概念図(... ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/06/15 17:40
(490)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップマッチ」(最終戦)
「第35回アメリカズカップマッチ」(35th America’s Cup Match)が、2017年6月17日、防衛艇「オラクルチームUSA」vs挑戦艇「エミレーツ・チームニュージーランド」により始まりました。期間は6月17日、18日、24日〜27日が予定されていますが、7勝先勝で雌雄が決します。下写真は大西洋上の英領バミューダに作られたアメリカズカップ・ビレッジです。 ...続きを見る
M YASUDAのブログ
2017/06/21 18:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(488)ヨットレースの世界最高峰「アメリカズカップ」入門 M YASUDAのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる